京都高等蚕糸学校正門

国立大学法人 京都工芸繊維大学Kyoto Institute of Technology (KIT)

京都を拠点とした
素材、制作、都市環境の研究

国立大学法人 京都工芸繊維大学の前身は、明治時代の養蚕と工芸品の研究施設にあります。その歴史と、今なお建築的知の生きた研究所である京都の都市環境は、D-labの研究アジェンダに通底しています。

D-labのプログラムは、1世紀以上の歴史を持つ材料科学と工芸技術に関する研究ノウハウと、京都工芸繊維大学の科学、技術、建築、デザインに対する卓越した現代性とをつなぐものです。

D-labは、伝統的な知識と新たな社会的問題との双方に対して理解を深め、分析するための協働的かつ学際的な場となって、建築やデザインを通じてそこに新たなシナリオをもたらすことを目的としています。成果はギャラリーで展示されるほか、国際的な学会においても発表されます。

私達の目標は、実践的なトレーニングを具体的なアイデアとして実現でき、国際的に活躍できる人材の育成にあるのです。

京都高等工芸学校玄関

京都高等工芸学校玄関

018

Kyoto-based Research in
Materials, Making and the Built Environment

The Kyoto Institute of Technology’s origins lie in the Meiji Period as a centre for research into sericulture and Kyoto-based craft.

These and its location in the living lab of architectural knowledge that is the Kyoto built environment are the dual seams that underpin the research agenda of the Kyoto D-lab. Our Programs ally this century-old research expertise in materials-based science and craft-associated techniques to KIT’s contemporary excellence in science, technology, architecture and design.

The overarching aim of the KYOTO D-lab is to create a collaborative interdisciplinary space to discern,
map and analyse old and emerging issues and address them through new scenarios in architecture and design using the research treasure house of Kyoto as the point of departure.

The results of this encounter are shown at our galleries in Kyoto and Tokyo as well international forums for new ideas. We aim to foster people who can work internationally and transform practical training into realised design ideas.

京都高等工芸学校玄関

京都高等工芸学校玄関

018

 

Related Links
Related Links
Share