Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl

ジュリア・ローマン+ゲロ・グルントマン展を開催いたします。28 May, Exhibition New Works by Julia Lohmann + Gero Grundmann KYOTO Design Lab Designer in Residence Program Exhibition

KYOTO Design Lab(D-lab)は、5月28日(土)から6月19日(日)まで、デザイナーのジュリア・ローマンとゲロ・グルントマンの作品展を開催いたします。2人は設立以来最初のデザイナー・イン・レジデンスとして、2015年度にD-labに滞在していました。
竹や漆といった自然素材をデザイン・マテリアルとして作品に昇華させてきたローマンは、D-labの最新技術を用いて、昆布と竹に微細な文様を展開した照明器具とアートピース「海洋の竹」を生み出しました。また、グルントマンは、京都工芸繊維大学美術工芸資料館が所蔵する「板締染道具」をベースにしたコミュニケーション・デザインである「Making the known new」を制作しました。既知の素材と知識が新たな手法と出会うことで、私たちは新鮮な知的刺激に触れることになるでしょう。

KYOTO Design Lab Designer in Residence Program Exhibition
ジュリア・ローマン+ゲロ・グルントマン展
Making the Known New——既知の事柄をつくり直す
日時 2016年5月28日(土)〜6月19日(日)12:00−19:00(月・火休廊)
入場 無料
出展者 ジュリア・ローマン、ゲロ・グルントマン
会場 KYOTO Design Lab 東京ギャラリー(東京都千代田区外神田6丁目3331アーツ千代田203号室)
   東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分|JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
   *本施設は駐車場・駐輪場がございません。ご来場の際には、公共交通機関をご利用ください。
主催 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

作家
ジュリア・ローマン
ハンブルグ造形美術大学教授
私たちの見方や振る舞いは、自分たちの文化によって規定されています。自然界に存在する材料を使った作品は、慣習や思い込みに対する異議申し立てなのです。
ジュリア・ローマンは、デザイン活動を通じて、人間と動植物の関係性を支えている倫理的また物質的な価値体系を研究している。英国王立芸術学院[RCA]で学び、指導も行ったローマンは、2013年にイギリスのビクトリア&アルバート博物館[V&A]のデザイナー・イン・レジデンスとして、海藻部門という、海洋植物をデザインの素材として用いるための学際的な研究分野を立ち上げた。
彼女の作品は、世界の主要な公的また私的なコレクションの一部をなしている。また、エスミー・フェアベアン財団、ブリティッシュ・カウンシル、ジャーウッド・コンテンポラリー・メイカーズ、D&AD、イギリス芸術財団、ウェルカム・トラストなどから支援を受けてきた。

ゲロ・グルンドマン
Studio Bec Design Communication
MA RCA
人々を冒険家や作り手へと変える、古代の工芸品を甦らせる、複雑な社会問題や文化的課題についての理解を促す……コミュニケーション・デザインは、どのようにして、これらのことを可能にするのでしょうか?
ゲロ・グルントマンは、学際的なコミュニケーションデザイナーであり、とりわけインクルージョン、倫理、持続可能性、工芸に関心を寄せている。グルントマンは、ロンドンおよびハンブルグを拠点とするデザインスタジオStudio Becを設立し、自身の妻でありパートナーであるジュリア・ローマンとともにさまざまな作品を作ってきた。また、在欧のデザインスクールの修士課程で教鞭を執り、ヨーロッパやアジアの学生を指導すし、数多くのワークショップを成功に導いている。
studiobec.com
gerogrundmann.com

poster

poster


Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl

Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl


板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

板締染道具, Photo by Juuke Schoorl


板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

Julia Lohmann + Gero Grundmann Exhibition ————Making the Known New

Period: May 28 (Sat) – June 19 (Sun), 2016
Closed: Mondays and Tuesdays
Hours: 12:00-19:00
Admission: Free
Venue: Kyoto Institute of Technology – KYOTO Design Lab Tokyo Gallery (3331 Arts Chiyoda, Room203)
Room203, 6-11-14 Sotokanda Chiyoda-Ku Tokyo 101-0021
Access:[ http://www.3331.jp/access/en/]
Web:[ http://www.3331.jp/schedule/en/]
Organized by KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology

Julia Lohmann
Professor, University of Fine Arts, Hamburg
“Our ways of seeing and doing are framed by our culture. My work with natural materials introduces ways of thinking to challenge what we take for granted.”
Julia Lohmann investigates the ethical and material value systems underpinning our relationship with flora and fauna. Julia studied and taught at the RCA. In 2013, as Designer in Residence at the Victoria and Albert Museum (V&A), she established the Department of Seaweed, a trans-disciplinary community exploring the marine plant’s potential as a design material.
Her award-winning work is part of major public and private collections worldwide and has been supported by the Esmée Fairbairn Foundation, the British Council, Jerwood Contemporary Makers, D&AD, the Arts Foundation and the Wellcome Trust.

Gero Grundmann
Studio Bec Design Communication
MA RCA
“How can communication design turn people into explorers and makers, revive ancient crafts and help us make sense of complex social and cultural issues?”
Gero Grundmann is a multidisciplinary communication designer working in London and Hamburg with a special interest in inclusion, ethics, sustainability and craft. Grundmann runs the London/Hamburg-based communication design studio Studio Bec developing projects with his wife and partner, the designer Julia Lohmann. He teaches at European design schools, has co-authored an MA-level design curriculum, and led numerous workshops, and mentored design students and practitioners in Europe and Asia.
studiobec.com
gerogrundmann.com

poster

poster


Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl

Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl


板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

板締染道具, Photo by Juuke Schoorl


板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

板締染道具, Photo by Juuke Schoorl

Related Posts
Share