© James Auger

ジェームズ・オージャー氏によるパブリックレクチャー「スペキュラティブ・デザイン」を開催しますPublic Lecture “Speculative Design: crafting the speculation”

KYOTO Design Labは、2018年2月13日から実施されるデザインワークショップに合わせて、M-ITIのジェームズ・オージャー准教授によるパブリックレクチャーを開催いたします。

空想するだけにとどまらない、未来を具体的に思索するためのデザイン方法論をご紹介いただきます。

本レクチャーは、ワークショップ参加者以外の方もご参加いただけます。入場無料、申込不要、通訳付きのレクチャーです。ぜひご来場ください。

スペキュラティブ・デザイン──具現化する思索

日時|2018年2月13日[火] 19:00-20:30
会場|京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab(新棟)1階
※東1号館エレベーターホールからご入場ください
講師|ジェームズ・オージャー 准教授[M-ITI]

概要
スペキュラティブ・デザインは、技術的な未来を形づくり、理解し、批評することを促進するあたらしいアプローチである。しかしながら、いくつかの投機的なプロジェクトにおける壮大で挑発的な性質は、多くの注目を集めるものの、その実質はほとんどない。この事実は、スペキュラティブ・デザインの価値とポテンシャルを下げている。
単純な挑発であることを乗り越えるためにプロジェクトにとって不可欠な要素は、スペキュレーション(思索・投機)を慎重にマネジメントすることである。ここで言うスペキュレーションとはとりわけ、テクノロジーの使い方、美学、ふるまい、インタラクション、デザインされた人工物の機能を特徴づけるものだ。今回のレクチャーでは、observational comedy(スタンドアップ・コメディのスタイルのひとつ)からの引用、「不気味の谷」の活用方、生息地やシステムを理解するための生態学的な方法、歴史の反事実的解釈など、スペキュラティブ・デザインを具現化するためのいくつかの手法を解説する。


ジェームズ・オージャー 准教授[M-ITI]
Associate Professor James Auger [MA, PhD, RCA]

ポルトガルMadeira Interactive Technologies Institute [M-ITI]准教授。研究範囲は、架空、現実的、あるいは機能的な、様々なスケールのエネルギー関連の提案やプロジェクトを統合する実験的な生活のラボラトリーとしての「島」の可能性を探求している。この研究はバルセロナのコンテンポラリー・カルチャー・センター[CCCB]からCultural Innovation International Prizeを受賞した。RCAにてデザインプロダクツの修士を取得後、Media Lab Europe [MLE]にてテクノロジーに媒介された人間のコミュニケーションを研究。その後、東京のIssey Miyake Design Studioにてゲストデザイナーを務め、2005年から2015年にかけてRCAのデザイン・インタラクションズの授業で教鞭を執った。また、Auger-Loizeauのパートナーとしてスペキュラティブデザインの実践をおこない、そのプロジェクトはニューヨークのMoMAにて常設展示作品に指定され、東京の21_21デザインミュージアム、ロンドンのThe Science Musuem、北京の中国国家博物館、リンツのアルスエレクトロニカなどでも展示された。

» デザインワークショップ「the last 15 minutes – 地球最後の15分間」


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab will hold the public lecture “Speculative Design: crafting the speculation” by James Auger, Madeira Interactive Technologies Institute [M-ITI] on Tuesday 13 February, 2018.

Speculative Design: crafting the speculation

Date: 19:00-20:30 Tuesday 13 February, 2018
Venue: 1F, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology *Please enter from EV hall, East Building No.1
Lecturer: Associate Professor James Auger [M-ITI]

Summary
Speculative design is an emerging approach to helping shape, understand and critique the technological future. However, the spectacular and provocative nature of some projects allow for much publicity but little substance. This diminishes the value and potential of speculative design.
A vital factor required for projects to go beyond simple provocation is careful management of the speculation – specifically what informs the use of technology, aesthetics, behaviour, interaction and function of the designed artefact. My presentation will describe a number of techniques for crafting speculative design, including borrowing from observational comedy, the use of the uncanny, ecological methods for understanding habitats and systems and counterfactual histories.


Associate Professor James Auger [MA, PhD, RCA]
James Auger is associate professor at Madeira Interactive Technologies Institute (M-ITI), Portugal. His current research explores the potential of the Island as an experimental living laboratory where fictional, factual and functional multi-scale energy-related proposals and projects are combined. This work was recently awarded the Cultural Innovation International Prize by the Centre of Contemporary Culture of Barcelona (CCCB).
After studying Design Products (MA) at the RCA, James moved to Media Lab Europe (MLE) exploring the theme of human communication as mediated by technology. He then worked in Tokyo as guest designer at the Issey Miyake Design Studio and from 2005 -2015 James taught on the critically acclaimed Design Interactions courset at the RCA,
James is also partner in the speculative design practice Auger-Loizeau whose projects is in the permanent collection of MoMA, New Yorkand have been shown at 21_21, Tokyo; The Science Museum, London; The National Museum of China, Beijing and Ars Electronica, Linz.

» Open Workshop: the last 15 minutes


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Posts
Share