Photo by Rikesh Sudra

D-labテキスタイル・サマースクールに関連したパブリックレクチャーシリーズを開催しますKYOTO Design Lab Textiles Summer School 2018: Public Lecture Series

KYOTO Design Lab[D-lab]は、テキスタイル・サマースクール2018に関連し、講師としてサマースクールに参加するサラ・ロバートソン[RCA]とカンガン・アローラ[セントラル・セント・マーチンズ、UAL]のパブリックレクチャーを開催します。

サラ・ロバートソンはレスポンシブな染料やデジタル繊維などのスマートテキスタイル、カンガン・アローラはさまざまなアウトプットを対象としたプリンティングテキスタイルの専門家です。両名に、近年の商業的なプロジェクトを含む活動についてご紹介いただきます。

入場無料、申込不要、通訳有りのレクチャーです。サマースクール参加者以外の方もぜひご来場ください。

KYOTO Design Lab Textiles Summer School 2018
Public Lecture Series

日時|2018年9月10日[月] 19:00-20:30
会場|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 2F
入場|無料、申込不要
言語|英語(日本語への逐次通訳有り)
主催|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

Lit Lace for Performance
パフォーマンスのための発光レース

概要
2014年、サラ・ロバートソンはリサーチ・コラボレーターのサラ・テイラーとともに、レスポンシブな染料や繊維素材についての経験、製織やプリントについてのスキルを組み合わせ、デジタルレースに関するプロジェクトを始めた。2017年にはスコットランドの国際的なレースメーカーであるMYB TextilesとMike Stoane Lightingとの共同プロジェクトを完遂し、光ファイバーを用いた発光レースの生産性能を拡大するためのスコットランドにおけるスマートテキスタイル生産の商業的な製造を確立させた。今回のレクチャーでは、彼女が現在進行している演劇とパフォーマンスの文脈における共同リサーチプロジェクトを紹介する。

講師
Dr Sara Robertson [RCA]
サラ・ロバートソン

英国王立芸術学院リサーチ・チューター。テキスタイルプログラムの新しい専攻であるソフトシステム・スマートテキスタイルを指導している。ダンディー大学Duncan of Jordanstone College of Art and Designテキスタイルプログラムのディレクター、クラフトイノベーション・スマートマテリアルのリサーチャーを歴任。過去14年にわたって熱変色性染料システムや変色素材とデジタル昨日のデザイン的なポテンシャルについて広範囲な調査をつづけている。サラ・テイラーとの協働による近作の「Digital Lace」は、2014年に開催されたWearable Computersの国際シンポジウム「Design Exhibition Jury Award」(EMPビルディング、シアトルのマイクロソフト・リサーチ・ラボ)ファイバーアーツ部門を受賞。

The Importance of Place in the Design Process
デザインプロセスにおける場所の重要性

概要
カンガン・アローラは、インテリア、テキスタイル、ブランディング、パッケージングをあつかうプリントとパターンデザインを専門とするデザイナーであり、ロンドン南部を拠点とする彼女の作品は色、幾何学、ビジュアルストーリーテリングへの愛情によって主導されている。今回のレクチャーでは、インドでの彼女が受けた影響を通して、場所と文化がどのようにデザインのナラティブを強く定義しているのかを中心に紹介する。彼女の早期の経験と近年の商業的なコラボレーションを参照することで、デザイナーの人生の原点がクリエイティブな成果に与える継続的な意義を明らかにする。

講師
Kangan Arora [Central Saint Martins, UAL]
カンガン・アローラ

インド国立ファッション工科大学を卒業したのち、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズで修士号を取得。現在は同大学テキスタイルデザイン准講師。アウトプットのカテゴリーを問わず、プリントとパターンデザインに特化した独自のスタジオを主宰している。


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab [D-lab] will hold the public lecture series by Dr Sara Robertson [RCA] and Kangan Arora [Central Saint Martins, UAL] related to the D-lab Textiles Summer School 2018.

KYOTO Design Lab Textiles Summer School 2018
Public Lecture Series

Time: 19:00-20:30 Monday 10 September, 2018
Venue: 2F, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology
Language: English
Admission free

Lit Lace for Performance

Summary
In 2014, I began the Digital Lace project with my business partner and research collaborator Sarah Taylor which combined our skills in weave and print and experience with responsive dye and fibre materials. In 2017, we completed a cross-sector collaborative project with leading international Scottish lace manufacturers, MYB Textiles and Mike Stoane Lighting to establish commercial manufacture of smart textile production in Scotland to enhance, production capability for woven, light-emitting lace using optical fibre. The talk will highlight our work together and current collaborative research project within a theatre and performance context.

Lecturer
Dr Sara Robertson [RCA]

Dr Sara Robertson is Tutor (Research) for Smart Textiles and leads the new specialism Soft Systems: Smart Textiles for the MA Textiles Programme at the RCA. Prior to that she was Programme Director for Textiles and Researcher in Craft Innovation and Smart Materials at Duncan of Jordanstone College of Art and Design, University of Dundee. Sara has extensively explored thermochromic dye systems over the last 14 years and the design potential of chromic material and digital function. Recent work, Digital Lace (Robertson & Taylor) won the International Symposium of Wearable Computers 2014 Design Exhibition Jury Award: Fibre Arts, showcasing at the EMP building and Microsoft Research Labs, Seattle.

The Importance of Place in the Design Process

Summary
Kangan Arora is designer specializing in print and pattern design,working across interiors, textiles, branding and packaging. Based in South London, her work is driven by a love of colour, geometry and visual storytelling. Kangan’s lecture will centre on her influences, her upbringing in India and how a place and culture can have a strong, defining bearing on one’s design narrative. Referencing both early experiences and recent commercial collaborations to illustrate the continued significance of origins in creative output.

Lecturer
Kangan Arora [Central Saint Martins, UAL]

Kangan Arora trained at the National Institute of Fashion Technology, Gujarat, India and received her MA from Central St Martins, University of the Arts London where she is currently Associate Lecturer in Textile Design. She runs her own studio specializing in print and pattern design working across interiors, textiles, branding and packaging.


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Links
Related Links
Related Posts
Share