[掲載]2017年2月に開催したクイントゥス・ミラー講演会「建築は記憶である」のレポートがarchitecturephoto.netに掲載されましたPress: A report of Quintus Miller’s public lecture “Architecture is Memory” was published on architecturephoto.net

2017年2月17日、KYOTO Design Lab の主催で開催したクイントゥス・ミラー講演会「建築は記憶である」のレポートが、architecturephoto.netに掲載されました。

執筆者の伊藤達信氏は、スイス・イタリア大学メンドリシオ建築アカデミーへ留学しミラー氏に師事、ミラー氏が主宰する建築事務所Miller&Marantaにて勤務後帰国されました。

レポートでは、ミラー氏の近くで建築を学ばれた伊藤氏ならではの視点から、建築への時間に対する捉え方など、ミラー氏のレクチャーの内容が詳細に記述されています。ぜひご覧ください。

»スイスの設計事務所 ミラー&マランタのクイントゥス・ミラーの講演会「建築は記憶である」の、伊藤達信によるレポート architecturephoto.net

隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


A report of Quintus Miller’s public lecture “Architecture is Memory” held on 17 February, 2017 organized by KYOTO Design Lab was published on architecturephoto.net.

»スイスの設計事務所 ミラー&マランタのクイントゥス・ミラーの講演会「建築は記憶である」の、伊藤達信によるレポート architecturephoto.net

D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share