デルフト工科大学より、KYOTO Design Labに関する冊子をご恵投いただきました。Delft University of Technology published “Kyoto Design Lab. – The Tangible and the Intangible of the Machiya House”

デルフト工科大学より、冊子「Kyoto Design Lab. – The Tangible and the Intangible of the Machiya House」をご恵投いただきました。

本冊子は、2016年11月16日〜12月2日にデルフト工科大学にて開催された展覧会「Kyoto’s Machiya re-used」の開催を期に発行されました。
デルフト工科大学と本学の学生が、本学の笠原一人助教、赤松加寿江講師の指導のもと2015年12月から取り組んだ町家改修計画ワークショップの成果(学生による町家改修の提案)や、同ワークショップの前後1ヶ月間京都に滞在し調査研究されたHielkje Zijlstra准教授によるレポートのほか、2016年にデルフト工科大学のLidwine Spoormans講師、Carola Hein教授が京都に滞在し実施した調査研究の内容がまとめられています。

冊子はKYOTO Design Labの事務局にて閲覧できるほか、下記リンク先にてPDFがダウンロードできます。
http://repository.tudelft.nl/islandora/object/uuid:f57b95de-2faa-49eb-9106-40c77a29bf42?collection=research




This brochure contains student’s suggestion at workshop about Machiya house Renovation and report by Associate Professor Hielkje Zijlstra, Lecturer Lidwine Spoormans and Professor Carola Hein.

PDF of this brochure can be downloaded on the following link.
http://repository.tudelft.nl/islandora/object/uuid:f57b95de-2faa-49eb-9106-40c77a29bf42?collection=research




Related Posts
Share