[掲載]デザイン・アソシエイト・プログラムの取り組みを含めたフランク・コークマンの作品がAXIS April 2018 vol.192に掲載されていますAXIS, the international design magazine features Frank Kolkman’s collaborative projects with D-Lab

AXIS Aril 2018 vol.192 クリエイターズナビ(P.107)に、2015年度デザイン・アソシエイトであるフランク・コークマンが掲載されています。

誌面には、RCAと共同実施したワークショップ「思いやりのあるロボットと、人をケアするロボット」から発展させた「オープン・サージャリー」、アソシエイト・プログラムで取り組んだ「家庭用疾患治療薬スクリーニング・キット」、最新のプロジェクトである生と死をテーマにした「アウトロスペクター」が掲載されています。



2018年4月27日に予定される公開レクチャーは、こうしたプロジェクトの生まれる背景や手法について講演される予定です。ぜひお越し下さい。

未来をプロトタイピングする
Prototyping Futures

日時|2018年4月27日[金] 19:00-20:30
会場|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
講師|フランク・コークマン[MA, RCA]
入場|無料、申込不要
使用言語|英語、通訳有り
主催|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


The April 2018 issue of AXIS magazine (vol.192) showcases “Design for Flies” – Frank Kolkman’s multiple award-winning D-Lab Design Associate 2015 project which was directed by Professor Julia Cassim. It is described in the Creator’s Navi article on page 107. The article also includes the “Open Surgery” project, which was the result of Frank’s participation in the 2015 D-Lab/RCA collaborative workshop centred on Robots and Healthcare led by Professor Anthony Dunne from Design Interactions, RCA. As an RCA student, Frank developed the idea as his graduation work.



KYOTO Design Lab will hold the public lecture
“Prototyping Futures” by Frank Kolkman on 24th April, 2018.

Prototyping Futures
Date: 19:00-20:30 Friday 27 April, 2018
Venue: 2F, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology
Lecturer: Frank Kolkman [MA, RCA]
Language: English
Admission free
Organized by KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology


D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share