© 株式会社 八清

株式会社八清(ハチセ)と村本真講師の共同研究成果が報告されましたReport published after the joint research with Hachise co.,ltd on Kyoto’s traditional architectural structure

KYOTO Design Labの教員である建築構造を専門とし、「京左官がつくる京土壁の載荷実験」などに取り組む村本真講師は、京町家(伝統木造建築)の改修・活用で知られる株式会社八清(ハチセ)と共同研究をおこないました。
京町家を構成する「京土壁」に着目し、京町家の実情に即した一定条件下の土壁に対して繰り返し載荷を行い、その性能を調べる実験の研究結果が株式会社 八清のウェブサイトに掲載されています。

    既存町家では、面外に傾斜した土壁がみられ、既存軸組の内部に新規軸組を設け、既存軸組と接合することで補強工事が行われることがある。面外方向に傾斜を持つ土壁の性能評価には、実大実験に基づく基礎資料が必要である。そこで、既存京町家を参考に、直立した壁、面外方向に傾斜した壁のモデルとそれに補強軸組を加えた架構の繰り返し載荷実験を行って、これまでの軸組補強の効果を確認した。今後も、伝統的建物の性能を適切に評価する研究を進める。

    村本真 講師


傾斜した京土壁の実験の様子

詳しくは下記のウェブサイトをご覧ください。

京都工芸繊維大学との共同研究成果報告|共同研究の取り組み│商品のご案内|株式会社 八清(ハチセ,Hachise) https://www.hachise.jp/products/collaboration/report.html

隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


Makoto Muramoto, who specializes in architectural structure as a lecturer of KYOTO Design Lab and works on “Loading Experiment of the Kyoto earth wall created by the Kyo Sakan,” has taken on a joint research with Hachise co.,ltd, a company known for the renovation and utilization of Kyomachiya (Kyoto’s traditional wooden building).
Hachise co.,ltd has posted the results of joint research on its website. The results will also be presented at Architectural Institute of Japan.

Please find out more at the link below:
京都工芸繊維大学との共同研究成果報告|共同研究の取り組み│商品のご案内|株式会社 八清(ハチセ,Hachise) https://www.hachise.jp/products/collaboration/report.html

D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share