Yuri Suzuki Workshop

ビデオ:ワークショップ「見える構造、見えない構造」Video: Kyoto’s Visible and Invisible Structures

京都の都市計画は奈良と同様に、唐時代の古代都市、長安(西安)の条坊システムに倣った直交するグリッド上に築かれている。この地区には地元の商業、手工業あるいはその他の活動に支えられた、目に見えない歴史的なグリッドとネットワークがある。KYOTO Design Labはこの考え方を4つの×の連結という視覚的な存在として用いた。
5日間のコミュニケーション・デザイン・ワークショップは、英国王立芸術学院チューターでサウンドデザイナーのスズキ・ユウリの指導により京都の有形および無形の構成要素をテーマとした。参加者たちはスズキが開発したプラットフォーム「OTOTO」を用いた視覚的なサウンド・デザインに導かれた。盲目の画家光島貴之は、音こそが決定的な情報であり、進路の手掛かりであるとする。参加者は彼の世界観に従って、音だけを頼りに北大路駅一帯を探索した。
次に参加者たちは京都市内で視覚と音の面で特異な性格を持つ一画、グリッド、あるいは地区を選び出した。彼らはその状況の優劣合わせた点を作図や静止画、動画や録音によって可視化してドキュメントにした。彼らはそこから音と映像を組み合わせたポートレート、地図、あるいはOTOTOを基盤に用いた作品のストーリーを描き、試作化することを求められた。それは視覚や感覚の統一体となって音と視覚デザインを1つにまとめることになった。このワークショップから生まれた5つの作品は、スズキ・ユウリのTube Map Radioや光島の作品と共にKYOTO Design Lab 東京ギャラリーに展示された。[ジュリア・カセム]

ワークショップ
2015年5月27日-31日

公開講演会
2015年5月30日
サウンド・インタージェクション
スズキユウリ

Exhibition
2015年10月24日 – 11月23日
京都、音と地図─スズキユウリと見つけた5つの京都
KYOTO Design Lab東京ギャラリー

Field Research

Field Research

Field Research

Field Research

Prototyping

Prototyping


3-2_DSC4939ishikawa
Works

Works

Artist Takayuki Mitsushima

Artist Takayuki Mitsushima

本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。
ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2015 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Kyoto’s city plan like Nara follows the Jo-Bo system of Chang-an, the ancient capital of the Tang Dynasty and is built on a right-angled grid. Within these divisions are less visible historical grids or networks based on the trade, craft or other activity of the area. KYOTO Design Lab used this idea in its visual identity of four interlocking crosses.
This five-day communication design workshop led by sound designer Yuri Suzuki centred on Kyoto’s visible and invisible structures. Participants were introduced to the use of sound design in conjunction with visual storytelling using the OTOTO platform developed by Suzuki. Takayuki Mitsushima, a blind artist introduced them to his world, where sound is a vital information and navigational source and under his guidance, they explored the Kita-Oji station area relying on sound alone.
Participants then chose a small block, grid or area within Kyoto, with a distinctive character in terms of its visual aspects and sound qualities. They documented these aspects visually using drawings, still photographs, video and sound recordings of its dominant and less dominant aspects. From this they had to design and prototype a paired sound and visual portrait, map or interpretation using the OTOTO platform, which worked as a visual and sensory whole, thus bringing together sound and visual design. The five works from the workshop were refined and shown at the Kyoto D-Lab Gallery alongside Yuri Suzuki’s Tube Map Radio and Takayuki Mitsushima’s commissioned artwork. [Julia Cassim]

Workshop
27-31 May 2015

Public Lecture by Yuri Suzuki
30 May 2015
Sound Interjection

Exhibition
24 October – 23 November 2015
KYOTO’s VISIBLE and INVISIBLE STRUCTURES
KYOTO Design Lab Tokyo Gallery

Field Research

Field Research

Field Research

Field Research

Prototyping

Prototyping


3-2_DSC4939ishikawa
Works

Works

Artist Takayuki Mitsushima

Artist Takayuki Mitsushima

© 2015 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Posts
Share