Bamboo of the Ocean, Photo by Juuke Schoorl

ビデオ:海洋の竹Video: Bamboo of the Ocean

KYOTO Design Lab デザイナー・イン・レジデンス・プログラム
ジュリア・ローマン
ハンブルグ造形美術大学教授

「私たちの見方や振る舞いは、自分たちの文化によって規定されています。自然界に存在する材料を使った作品は、慣習や思い込みに対する異議申し立てなのです。」
昆布。ジュリア・ローマンは、デザイン活動を通じて、人間と動植物の関係性を支えている倫理的また物質的な価値体系を研究している。英国王立芸術学院[RCA]で学び、指導も行ったローマンは、2013年にイギリスのビクトリア&アルバート博物館[V&A]のデザイナー・イン・レジデンスとして、海藻部門という、海洋植物をデザインの素材として用いるための学際的な研究分野を立ち上げだ。彼女の作品は、世界の主要な公的また私的なコレクションの一部をなしている。また、エスミー・フェアベアン財団、ブリティッシュ・カウンシル、ジャーウッド・コンテンポラリー・メイカーズ、D&AD、イギリス芸術財団、ウェルカム・トラストなどから支援を受けてきた。

本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。
ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

KYOTO Design Lab Designer in Residence Programme
Bamboo of the Ocean
Julia Lohmann
Professor, University of Fine Arts, Hamburg

Our ways of seeing and doing are framed by our culture. My work with natural materials introduces ways of thinking to challenge what we take for granted.

Seaweed. Julia Lohmann investigates the ethical and material value systems underpinning our relationship with flora and fauna. Julia studied and taught at the RCA. In 2013 , as Designer in Residence at the Victoria and Albert Museum (V&A), she established the Department of Seaweed, a trans-disciplinary community exploring the marine plant’s potential as a design material.
Her award-winning work is part of major public and private collections worldwide and has been supported by the Esmée Fairbairn Foundation, the British Council, Jerwood Contemporary Makers, D&AD, the Arts Foundation and the Wellcome Trust.

© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Downloads
Downloads
Related Posts
Share