Exhibition: Making the Known New, D-lab Tokyo Gallery, Photo by Masaharu Okuda

ビデオ: 既知の事柄を新しく知るVideo: Making the Known New

既知の事柄を新しく知る―—ゲロ・グルントマンと京都工芸繊維大学美術工芸資料館
KYOTO Design Lab デザイナー・イン・レジデンス・プログラム
ゲロ・グルントマン
Studio Bec Design Communication, MARCA

「人々を冒険家や作り手へと変える、古代の工芸品を甦らせる、複雑な社会問題や文化的課題についての理解を促す―—コミュニケーション・デザインは、どのようにして、これらのことを可能にするのでしょうか?」
ゲロ・グルントマンは、学際的なコミュニケーションデザイナーであり、とりわけインクルージョン、倫理、持続可能性、工芸に関心を寄せている。RCAを修了したグルントマンは、ロンドンおよびハンブルクを拠点とするデザインスタジオStudioBecを設立し、自身の妻でありパートナーであるジュリア・ローマンとともにさまざまな作品を作ってきた。また、在欧のデザインスクールの修士課程で教鞭を執り、ヨーロッパやアジアの学生を指導し、数多くのワークショップを成功に導いている。

http://www.studiobec.com
http://www.gerogrundmann.com

本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。
ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Making the Known New – Gero Grundmann at the KIT Museum and Archives

KYOTO Design Lab Designer in Residence Programme
Gero Grundmann
Studio Bec Design Communication, MARCA

How can communication design turn people into explorers and makers, revive ancient crafts and help us make sense of complex social and cultural issues?
Gero Grundmann is a multidisciplinary communication designer working in London and Hamburg with a special interest in inclusion, ethics, sustainability and craft. Grundmann runs the London/Hamburg-based communication design studio Studio Bec developing projects with his wife and partner, the designer Julia Lohmann.
He teaches at European design schools, has co- authored an MA-level design curriculum, and led numerous workshops, and mentored design students and practitioners in Europe and Asia.

http://www.studiobec.com
http://www.gerogrundmann.com

© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Downloads
Downloads
Related Posts
Share