Schröderhuis|photo: Assistant Professor Kazuto Kasahara

ビデオ:マリーテレーズ・ファン・トール氏による特別講義「建築遺産・文化的価値・デザイン-オランダの視点から-」Video: Heritage, Cultural Value & Design. The Dutch approach

[特別講義]
建築遺産・文化的価値・デザイン —オランダの視点から—
マリーテレーズ・ファン・トール准教授は、オランダ・デルフト工科大学建築学部 Heritage & Architectureコースにて、歴史的建築物や文化遺産の価値、その保存や修復、改修についての研究・教育に従事する研究者です。
今回のレクチャーでは、現在修復が計画されているシュレーダー邸(世界遺産/G.Th.リートフェルト設計/1924年竣工)や、約10年間の作業を経て2014年にリニューアルオープンしたアムステルダム国立美術館(Rijksmuseum ライクスムゼウム/P.カイパース設計/1885年竣工)の修復・改修とその考え方、また今後のオランダでの文化的景観のプロジェクトなどについてお話いただきました。

建築遺産・文化的価値・デザイン—オランダの視点から—
講演者:マリーテレーズ・ファン・トール 准教授 [オランダ・デルフト工科大学]
日時:2017年3月28日(火)17:00~18:45
会場:京都工芸繊維大学 東2号館4階401号室
定員:25名(入場無料)


本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Associate Professor Marie-Thérèse van Thoor


Associate Professor Marie-Thérèse van Thoor


Rijksmuseum|photo: Assistant Professor Kazuto Kasahara


Rijksmuseum|photo: Assistant Professor Kazuto Kasahara

lecture
Heritage, Cultural Value & Design. The Dutch approach

Lecturer: Associate Professor Marie-Thérèse van Thoor [Delft University of Technology]
Date: Tuesday, March 28, 2017|17.00-18.45
Venue: East Building No. 2, Room 401, Kyoto Institute of Technology
Admission free


© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Associate Professor Marie-Thérèse van Thoor


Associate Professor Marie-Thérèse van Thoor


Rijksmuseum|photo: Assistant Professor Kazuto Kasahara


Rijksmuseum|photo: Assistant Professor Kazuto Kasahara

Related Posts
Share