ビデオ:つくることを通して考える—再構築のための脱構築Video: Thinking through Making – deconstructing in order to construct

つくることを通して考える─再構築のための脱構築
キングストン大学では、「Intelligent Making[知的な制作]」や「Thinking through Making[つくることを通して考える]」、つまりパソコン画面越しの仮想的な経験からよりも、実践的な知識や理解を促すことを教育の中心理念としている。実際の材料を使い試すという、直接的な経験からしか得られないことを大切にしているのである。また、現代的で新しい素材・技術・制作プロセスを、創造的に、知的に、そして持続可能な方法で活用するためのスキルを習得することを特に重視している。
5日間にわたるワークショップは、キングストン大学講師のカール・クラーキン氏とマックス・フロメルド氏による指導で行われた。参加者には「すのこ」と薄い木版でできた「たこ焼き皿」といった、どこにでもあるものに潜む特質を発見し再評価することが課された。これらのものを分解し、素材としての特質を分析したのち、再構築して新たな製品を制作した。「すのこ」に関しては、解体したパーツを使って地上
40cmでその重量を支えられるような何かをつくり出すことが参加者に要求された。[ジュリア・カセム]

キングストン大学デザイン学部
カール・クラーキン上席講師
マックス・フロメルド講師

京都工芸繊維大学
ジュリア・カセム特任教授

ワークショップ期間:
2015年11月11日-11月15日


本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Thinking through Making – deconstructing in order to construct
Kingston’s teaching is based on the idea of ‘intelligent making’ or ‘thinking through making’ – the practical knowledge and understanding that can only be gained from the direct experience of using and experimenting with materials in context rather than virtually via a computer screen. Strong emphasis is placed upon developing skills relating to the creative, intelligent and sustainable application of current and emerging materials, technologies and manufacturing processes. This five-day workshop was led by product designers Carl Clerkin and Max Frommeld of Kingston University. Participants were asked to discover and reassess the inherent qualities of two commonplace objects – sunoko and takoyaki ‘boats’ made of thin wood veneer. Through deconstruction and analysis of their material qualities, they next had to reconstruct them to create new products – the design brief for the takoyaki was an open one but for the sunoko they were asked to use its separate parts to create something that could support their weight 40 cm above ground. [Julia Cassim]

Kingston University
Senior Lecturer Carl Clerkin
Lecturer Max Frommeld

Kyoto Institute of Technology
Professor Julia Cassim

Workshop
11-15 November 2015


© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Posts
Share