三井本館|撮影:川澄・小林研二写真事務所

Tag : symposium

保存再生学特別研究会「20世紀建築遺産の積極的保存活用に向けて」開催のお知らせSymposium: Conservation and Practical Use of Modern Cultural…
概要 日時:2018年11月9日(金)13時10分-17時(12時40分 開場) 会場:京都アカデミアフォーラム 東京都… Date: Friday, 9 November 13:10-17:00 Venue: Kyoto Academia Hall in…
国際シンポジウム:「名所」について再考する──都市・建築・美術の磁場としての日本風景論International Symposium: Reconceptualizing Meisho
KYOTO Design Labは、以下の日程で開催されるシンポジウムを後援しています。ぜひご参加ください。 「名所」に… Reconceptualizing Meisho: Japanese Landscape as an Intersection of…
シンポジウム:テロワールの空間──自然と人間がともにつくりあげてきた土地と文化を読み解く領域史の新たなアプローチSymposium: Space of Terroir
KYOTO Design Labは、以下の日程で開催されるシンポジウムを後援しています。ぜひご参加ください。 テロワール… Symposium: Space of Terroir Date: 14:00-18:00 Saturday 17 February,…
ビデオ:保存再生学シンポジウム2017 第2回 「木造近代建築の保存活用における理念とデザイン」Video: Conservation and Practical Use of Modern Timber…
京都工芸繊維大学大学院 建築都市保存再生学コース 保存再生学シンポジウム2017 [第2回] 木造近代建築の保存活用におけ…Symposium: Conservation and Practical Use of Modern Timber…
ビデオ:保存再生学シンポジウム2017 第1回 「木造近代建築の保存と活用─木造校舎の保存活用の成果と課題」Video: Conservation and Practical Use of Modern Timber…
京都工芸繊維大学大学院 建築都市保存再生学コース 保存再生学シンポジウム2017 [第1回] 木造近代建築の保存と活用──…Symposium: Conservation and Practical Use of Modern Timber…
[レポート]アーティストによる実践──「批判力のあるキュレーション」編Report: The Artist as Critical Curator
快晴に恵まれた2017年7月15日(土)、川俣正さん、椿昇さん、日比野克彦さん、藤浩志さん、小林康夫さんをお呼びした国際ラ…comming soon…
批判力のあるキュレーション × 解釈行為としての創造The Artist as Critical Curator × The Artist as Creative…
世界的に活躍するアーティストと哲学者による国際ラウンド・テーブルと、京都工芸繊維大学3号館を活用した映像インスタレーション…International Round Table: The Artist as Critical Curator Date:…
国際シンポジウム:東アジアにおける庭園と絵画の位相 II ―19-20世紀前半朝鮮の都市/建築空間と絵画―International Symposium: Contextualizing Gardens and…
KYOTO Design Labは、以下の日程で開催される国際シンポジウムを後援しています。ぜひご参加ください。 R…Contextualizing Gardens and Painting in East Asia II – City /…
D-lab東京ギャラリーで「Everyday things and the IoT」展を開催いたしますEveryday things and the IoT
IoT(Internet of Things、もののインターネット)と言えば、それに関連したプロダクトのイメージは、未来的…Everyday things and the IoT Date: March 28- April 2, 2017 …