Kyoto Startup Summer School(KS³)は、D-labが世界中から起業家、実務家、ベンチャーキャピタリスト、研究者を集めるイノベーターと起業家のために設計したプログラムです。

全2週間のプログラムは、将来自分のスタートアップを作りたい学生や若い専門家を対象としています。KS³の社会人参加枠(コーポレートトラック)は、自分の組織をスタートアップのように革新したい企業の従業員のために作成されました。新興企業のスタートアップの興隆を受けて、これらのスタートアップが既存の市場や大企業をどのように革新しているかを学ぶことに関心を持つ企業が増えています。KS³社会人参加枠は、まさにそれをカバーするように設計されています。

KS³のコーポレートトラックは、集中的なワークショップベースの形式で、デザイン思考とリーンスタートアップの両方をカバーしています。これらの方法論は、新興企業の革新の核となるだけでなく、成功する企業が新製品を開発する方法の核にもなります。これは、既存の企業のメンバーがこれらの新しいアプローチを学び、スタートアップのように革新する絶好の機会となります。

Kyoto Startup Summer School 2020
社会人参加枠(コーポレートトラック)

日程|2020年8月17日[月]–8月21日[金]
参加費|150,000円 [*1]
定員|先着10名(社会人参加枠のみ)
申込Kyoto Startup Summer School 社会人参加枠

応募資格

  • 新規事業開発に携わる者
  • 国際的なイノベーションの方法論を学びたい者
  • イノベーション教育を実際に受けてみたい者
  • 国際的な参加者から刺激を受けたい者
  • [*1] 滞在費、交通費、期間中の飲食代は参加者で準備して頂く必要があります。

    デザイン思考とは
    デザイン思考とは、論理的に問題解決に取り組むための左脳とクリエイティブなアイデアを生み出す右脳を組み合わせたイノベーションを生み出すためのアプローチとして知られています。スタンフォード大学やデザインファームIDEOで開発され、潜在的なニーズを解決するために人間中心設計のアプローチを取り入れていることが特徴です。また、ラピッドプロトタイピングや実験的な試作を通じて、ラフなアイデアでもなるべく早く検証し、製品やコンセプトに反映する方法とも言われています。

    リーンスタートアップとは
    デザイン思考が洞察を得てアイデアを発展する手法なのに対して、リーンスタートアップは、そのアイデアを用いて事業化を図る手法です。科学的なアプローチによって、新たなビジネスモデルを創造し、いちはやくユーザーの元へ届けることを良しとしています。リーンスタートアップは、起業家ムーブメント発祥の地として知られるシリコンバレーで発展しました。小さなスタートアップ企業が大きくなるためには、生産-評価-反映のプロセスを回し、継続的な製品やサービスの改善を通じてユーザーを多く獲得していくことが大切です。この迅速かつ高密度なアプローチは現在、世界中の企業で採用されつつあります。


    一般参加者の募集についてはこちら
    » Kyoto Startup Summer School (KS³) Official website

    その他、ご質問がございましたら、D-lab事務局(info@d-lab.kit.ac.jp)までご連絡ください。

    Kyoto Startup Summer School (KS³ for short) is a program created by the D-lab for future innovators and entrepreneurs that bring together established entrepreneurs, practitioners, venture capitalists, and academics from around the world.

    The two-week program is intended for students and young professionals who want to create their own startup in the future. The corporate track of KS³ was created for employees of companies who wanted to innovate like startups in their own organization. As learner and nimbler startups disrupt existing markets and larger companies, more corporations are studying how these startups innovate. The KS³ corporate track is designed to cover exactly that.

    The corporate track of KS³ covers both Design Thinking and Lean Startup in an intense workshop based formats. These methodologies are not only at the core of how startups innovate but also how successful companies develop new products. This is the perfect opportunity for members of existing companies to learn these new approaches and innovate like startups.

    Kyoto Startup Summer School Corporate Track

    Date: August 17th – 21st, 2020
    Application deadline: First come first served for a maximum of 10 spots
    Tuition: 150,000 yen (lodging, food, and transportation not included)
    Application: Kyoto Startup Summer School 2020 – Corporate Track

    Intended audience

  • People working on new business creation
  • People wanting to experience innovation methodologies from Silicon Valley
  • People looking for innovation training
  • People wanting inspiration from international students
  • For any inquiry, please contact lead organizer Sushi Suzuki at sushi@kit.ac.jp

    What is Design Thinking
    Design Thinking is an approach to innovation that was developed at Stanford University and the innovation design firm IDEO. Design thinking utilizes both sides of the brain, the rational problem-solving side as well as the imaginative creative side. At the core of design thinking is the notion of putting humans at the center and the process of finding latent needs to develop innovative solutions. Rapid prototyping and experimentation is used to quickly iterate rough ideas into refined product and/or concepts.

    What is Lean Startup
    If Design Thinking is about finding inspiration and developing ideas, lean startup is about taking those ideas and turning it into a successful business. Lean startup is a scientific approach to creating and managing new businesses and getting desired products to customers’ hand faster. Lean startup has been and is being continuously developed in Silicon Valley, the heart of the global startup movement. While originally intended for small startup companies, the key elements of lean startup: build-measure-learn cycle and customer development are applicable to any product and/or service development team. The quick and iterative approach is now being adopted by forward-thinking corporations around the world.


    » Kyoto Startup Summer School (KS³) Official website
    Please visit here for information on the general (non-corporate) applications.