京都工芸繊維大学 KYOTO Design Labは、一般社団法人 日瑞建築文化協会[JSAA]ならび京都工芸繊維大学 美術工芸資料館とともに、展覧会「クリスト&ガンテンバイン|The Last Act of Design – スイス建築の表現手法」を京都にて開催いたします。

日本とスイスの建築の文化交流を促進させるためのプラットフォームを構築すべく発足した一般社団法人日瑞建築文化協会。D-labからは木下昌大助教も参加する同協会とともに、スイス・バーゼルを代表する建築設計事務所 クリスト&ガンテンバインによる京都での展示を共同主催いたします。

クリスト&ガンテンバインによる独自の建築手法により創造される、歴史的な街並みの中で過去と未来の新しい関係性を調和するプロジェクトを展示いたします。形態の自立的な特性に興味を持つ彼らは、触覚的なアプローチによって素材や構造の合理性を追求します。設計者のアイディアを過度に主張するものでなく、歴史的、社会的な課題に真摯に向き合い、素材や構造の合理性を追求するスイス建築を背景に新しく生み出される作品をご覧ください。

また、京都展示を前に、関連企画として京都工芸繊維大学60周年記念館にて公開講演を予定しております。クリスト&ガンテンバインが自作を語る貴重な機会となります。こちらも合わせてご参加ください。

東京展示につきましては、JSAAの公式サイトをご覧ください。

展示概要

会期|2019年4月4日[木] – 20日[土]
会場|京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
開廊|10:00-17:00(入館は16:30まで)
閉廊|日
入場|無料
主催|一般社団法人 日端建築文化協会[JSAA]、京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab、京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
協賛|Petersen Tegl、Backstein-Kontor、カランダッシュ ジャパン 株式会社、クリエーション バウマン ジャパン株式会社、ピアジェ、リシュモンジャパン株式会社、株式会社 竹中工務店、株式会社イケダコーポレーション、USM U. シェアラー・ソンズ株式会社、サカエ・シュトゥンツィ基金、DMM.make、株式会社 フレームマン
協力|スイス大使館

公開講演|The Last Act of Design

講師|エマニュエル・クリスト+クリストフ・ガンテンバイン[クリスト&ガンテンバイン、ETH Zürich 教授]
日時|2019年3月22日[金] 18:00〜20:00
会場|京都工芸繊維大学60周年記念館1階記念ホール
定員|150名
入場|無料、申込不要

クリスト&ガンテンバイン

クリスト&ガンテンバインはスイス、バーゼルを拠点とするエマニュエル・クリストとクリストフ・ガンテンバイン率いる新しい世代の建築設計事務所。ともに1998年にスイス連邦工科大学(ETH)チューリッヒ校を卒業し、同年バーゼルにクリスト・アンド・ガンテンバインを設立。
彼らのプロジェクトは民間から公共的なものまで、スイス国内だけでなく海外にも及び、バーゼル美術館(2016)やスイス国立博物館(2016)を含め、実現したプロジェクトの多くはコンペティションで選ばれたものである。
第13回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展(2012年)や第5回ロッテルダム建築ビエンナーレ(2012年)など様々な展覧会にも参加。また、建築事務所の活動と並行して、彼らは定期的に大学教育にも従事し、都市の建築的タイポロジーを研究している。

http://www.christgantenbein.com/

受賞|レッド・ドット・アワードのベストオブザベスト賞(2016)、若手建築家のためのARアワード(2009年)
書籍|作品集『2G』No.68(Editorial Gustavo Gili、2014年)、『a+u』535(新建築社、2015年)など

Swiss National Museum, Zurich, 2016 ©Stefano Graziani

Swiss National Museum, Zurich, 2016 © Stefano Graziani

Kunstmuseum Basel, 2016 ©Stefano Graziani

アクセス


美術工芸資料館


60周年記念館

東京展示

会期|2019年3月20日(水)- 31日(日) 会期中無休
会場|ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム
住所|東京都渋谷区猿楽町18-8[Google Map
開廊|11:00 – 19:00
入場|無料

東京 講演会1|ル・コルビュジエの遺産
第1部|エマニュエル・クリスト レクチャー
第2部|編集者・長田年伸氏との対談(同時通訳つき)

日時|2019年3月17日 (日)14:00–15:30
会場|国立西洋美術館 講堂(東京都台東区上野公園7-7)
定員|130名
入場|当日12:00より、館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは開演の30分前からご入場いただけます。

東京 講演会2|The Last Act of Design
第1部|エマニュエル・クリスト、クリストフ・ガンテンバイン レクチャー
第2部|建築家・長谷川豪氏との対談

日時|2019年3月19日(火) 18:30–20:30
会場|建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
定員|350名
入場|有料予定
申込|後日公開

お問い合わせ|一般社団法人 日端建築文化協会[JSAA] http://js-aa.org/ info@js-aa.org

The monographic exhibition “The Last Act of Design” presents some of the most relevant buildings of Swiss architects Christ & Gantenbein. The show brings together photographs by Italian artist Stefano Graziani, a set of specially edited project drawings, as well as architectural models.
While providing a powerful impression and understanding of the buildings of Christ & Gantenbein, the exhibition investigates the very tools available to communicate architecture and how media strongly influence the perception of projects, the imaginary attached to it and ultimately its ability to perform the functions it was designed for.
On the backdrop of a long-term collaboration between Christ & Gantenbein and Stefano Graziani, the selection of photographs presented in the exhibition is the result of different moments of documentation. The set of images allows to experience the built environments, while showing the bold individuality of the gaze that the photographer sets on these same objects.

Information

Period: Thursday 4 – Saturday 20 April, 2019
Venue: Museum and Archives, Kyoto Institute of Technology
Open: 10:00-17:00 (Admission until 16:30)
Closed: Sunday
Admission free

Organized by JSAA, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology and Museum and Archives, Kyoto Institute of Technology
Sponsored by Petersen Tegl, Backstein-Kontor, Caran d’Ache Japan Ltd., Création Baumann Japan Ltd., PIAGET, RICHEMONT JAPAN LIMITED, Takenaka corporation, Ikeda Corporation
USM U. Schaerer Sons K.K., Sakae Stünzi Foundation, DMM.make and frame-man
Supported by Embassy of Switzerland

Public Lecture “The Last Act of Design”

Lecturer: Emanuel Christ + Christoph Gantenbein [Christ & Gantenbein, Professor at the ETH Zürich]
Time: 18:00-20:00 Friday 22 March, 2019
Venue: 60th Anniversary Hall, Kyoto Institute of Technology
Seating Capacity: 150
Admission free

Christ & Gantenbein

Christ & Gantenbein is a leading architectural practice in Basel, Switzerland. Interested in the sustainability of form, Christ & Gantenbein’s landmark projects mix the ancient and modern in beguiling ways. Their haptic approach unexpectedly challenges materials, using them in a sensitive yet versatile manner.
Founded in 1998 by Emanuel Christ and Christoph Gantenbein, the studio staffs a team of 60 architects. Their award-winning large-scale renovations and expansions of the Swiss National Museum in Zurich and the Kunstmuseum Basel cemented their position as builders of cultural space. Housing schemes in Paris (ongoing) and in Munich (2018), a mixed-use tower in Basel (2016), a flexible office building in Germany (ongoing), the Lindt Chocolate Competence Center near Zurich (ongoing) – and the recently won competition for the extension of the University Hospital in Zürich, testimony of the flexibility of their approach and their interest in handling a variety of programs and sites.

Stefano Graziani

Over the years, Stefano Graziani has worked on several exhibition and publication projects with Christ & Gantenbein.
Active at the crossroad between photography, art and architecture, Stefano Graziani contributes with an unconventional voice to the contemporary artistic discourse. His photos have been exhibited internationally by institutions such as Fondazione Prada in Milan, the Venice Architecture Biennial or the European Art
Biennial Manifesta. His work was extensively published in monographic and collective publications, he has also personally authored and edited several book projects.
Public and private collections such as CCA Montreal, Fondazione Prada in Milan, Maxxi in Rome, Fondazione Fotografia in Modena have acquired his work. Stefano
currently teaches photography at IUAV University in Venice as well as at the Free University of Bolzano.

Access


Museum and Archives, Kyoto Institute of Technology


60th Anniversary Hall

Matsugasaki, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8585 JAPAN [10 min. from Karasuma line Subway Matsugasaki station | No parking available]