デザインとエンジニアリングの実践的教育の場である京都工芸繊維大学KYOTO Design LabとCHANELは、2019年6月22日(土)より、銀座のCHANEL NEXUS HALLを会場に、展覧会「STEP IN CHANEL──わたしがシャネルと出会ったら、」を開催します。学生たちと世界的ファッションブランドとの共創から生まれる新たな体験にご期待ください。

背景
京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab(以下、D-lab) は、INNOVATION BY DESIGNをテーマとした、異分野の融合による新しい社会像の提案を目指して活動してきました。CHANEL 日本法人リシャール・コラス社長(当時、現会長)がこのD-labの取り組みについて知り、協働を呼びかけたことがこのプロジェクトの始まりでした。
プロジェクトへの学内公募に応じた学生たちにとっては、CHANELは世界的なブランドとして憧れの対象であると同時に、どこか格式が高く、手の届きにくい存在でもありました。こうした若い世代の新鮮な目で見たときにCHANELにはどのような新たな可能性があるのか、そしてCHANELというブランドへの初めての出会いはどのようにデザインできるのか。ここから今回の展示のコンセプトである「出会い」というキーワードが生まれてきたのです。

本展の内容
学生たちは、今回の展覧会に向けて2018年6月から銀座のブティックを見学したり、CHANELのスピリットについて学んだりしてきました。その中で、CHANELが創造しているのは単なる美しい服飾や宝飾ではなく、素晴らしい体験なのだと知ったのです。そして、この「体験の創造」と本展覧会のコンセプトである「出会い」を軸として、“STEP IN CHANEL” というタイトルができました。
CHANELの世界に入り、自分自身を見つめ直しながら変化を感じることでCHANEL の本質を体験し(CHANEL Spaces of Transformation)、その先には本質から形になったCHANELのプロダクトから見える世界をフィジカルとデジタルの融合によって表現する(SHADOW CHANEL)ひとつの空間が生まれました。
この展覧会には学生たちが初めてCHANELと出会った時の等身大の気持ちが込められています。これをきっかけとして、年齢や性別、国籍などにかかわらず、訪れた全ての方がそれぞれのCHANELと出会ったときの気持ちを体感してもらえたらと考えています。

展示概要
名称|STEP IN CHANEL──わたしがシャネルと出会ったら、
会場|CHANEL NEXUS HALL
住所|東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階[MAP
会期|2019年6月22日[土]-7月4日[木] 12:00-19:30
主催|シャネル合同会社
企画|シャネル合同会社、京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab

プロデュース|リシャール・コラス[シャネル合同会社]
ディレクション|安藤信裕、遠藤真由、奥村知恵、トマ・アントニエッティ[シャネル合同会社]、赤松加寿江、岩本馨、岡田栄造、小野芳朗[京都工芸繊維大学]
協力|おおうちおさむ

会場構成|新井晴子、横瀬健斗(京都工芸繊維大学 学生)
広報デザイン|大田彩香、金子かよ、久木茉優子(京都工芸繊維大学 学生)
ヴィジュアル|中野幹太、宮本結以(京都工芸繊維大学 学生)

展示作品

CHANEL Spaces of Transformation
マリン・ゾレア、内山琢海、北方誉之(京都工芸繊維大学 学生)

SHADOW CHANEL
岡野颯、松阪紀香、大和涼葉(京都工芸繊維大学 学生)

本件に関するお問い合わせ先
京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
MAil. info@d-la b.kit.ac.jp
Tel. 075-724-7283
Fax. 075-724-7250

For one year, KIT students collaborated with CHANEL Japan in pursuit of creating a new experience by CHANEL.
The exhibition “STEP IN CHANEL -When I encounter CHANEL” by CHANEL and KIT will be held at CHANEL NEXUS HALL in Ginza from June 22-July 4, 2019. Please come to sense the new experience created by the students and the global fashion brand in this unique collaboration.

Background
Kyoto Institute of Technology (KIT) has pioneered practical education in design and engineering in Japan.
Following the approach INNOVATION BY DESIGN, KIT’s Kyoto Design Lab (D-Lab) has been working on proposals for the future society. D-lab’s location makes it a natural incubator for innovation across disciplines: the ancient capital’s networks of traditional makers with their centuries-old knowledge and skills base sit alongside Kyoto’s technology-based industries and start-ups.
Richard Collasse, past president of CHANEL Japan and CHANEL chairman in present, has recognized D-Lab’s endeavors and initiated this collaborative project.
For KIT’s students, CHANEL was a global brand. While admirable, it also felt out of their reach. How might it expand its possibilities when encountering such generation? And how might we design this encounter? These questions have inspired the exhibition’s concept, “encounter”.

Exhibition Content
For one year, students have been researching CHANEL’s spirit through discussions with its personnel and observation of their endeavors at the Ginza Boutique. While the global brand is the creator of beautiful fashion garments, students have come to know that it is also the producer of captivating experiences. Aiming to ignite an engaging encounter between visitors and this world made by CHANEL, the students created the exhibition ‘STEP IN CHANEL’. Visitors will first encounter its essence by embodying their own self-transformation as they step within CHANEL’s alluring space (CHANEL Spaces of Transformation); visitors will then encounter CHANEL’ s products born from this essence, by stepping into CHANEL’ s stories in an experience encompassing the physical and the digital (SHADOW CHANEL). ‘STEP IN CHANEL’ is a full-scale realization of the students’ first encounter with CHANEL. The students wish to trigger among visitors of all ages, nationalities, and genders the sensation of this unique encounter.

Exhibition Outline
Name: STEP IN CHANEL – When I encounter CHANEL,
Address: CHANEL NEXUS HALL (CHANEL GINZA building 4F, 3-5-3,Ginza, Chuo-ku, Tokyo, Japan)
Term: 6/22 (Sat.) – 7/4/ (Thu.), 2019, 12:00-19:30
Sponsor: CHANEL
Planning: CHANEL, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology

Works:
[CHANEL Spaces of Transformation] Marine Zorea ,Takumi Uchiyama, Takayuki Kitakata
[SHADOW CHANEL] Soh Okano, Norika Matsusaka, Suzuha Yamato
Hall composition: Haruko Arai, Kento Yokose
Advertisement design: Ota Ayaka, Kayo Kaneko, Mayuko Hisaki  
Visuals: Kanta Nakano,Yui Miyamoto

Production: Richard Collasse
Direction: Nobuhiro Ando, Mayu Endo, Chie Okumura ,Thomas Antonietti (CHANEL)
Kazue Akamatsu, Kaoru Iwamoto, Eizo Okada, Yoshiro Ono (Kyoto Institute of Technology)
Cooperation: Osamu Ouchi

CHANEL Spaces of Transformation
Marine Zorea , Takumi Uchiyama, Takayuki Kitakata (Kyoto Institute of Technology)

SHADOW CHANEL
Soh Okano, Norika Matsusaka, Suzuha Yamato (Kyoto Institute of Technology)

Contact
Kyoto Institute of Technology KYOTO Design Lab
MAil. info@d-lab.kit.ac.jp
Tel. 075-724-7283
Fax. 075-724-7250



Downloads
Downloads