KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程で、KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール2019を開催いたします。参加者数が限られていますので、お早めにご応募ください。

KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール 2019
新素材×伝統的な技法、伝統的な素材×先進的な技法

日程|2019年8月19日[月] – 30日[金](日曜日にプログラムはありません)
会場|KYOTO Design Lab、京都工芸繊維大学京丹後キャンパス地域連携センター

コラボレート・パートナー
英国王立芸術学院[RCA]
ロンドン芸術大学[UAL](セントラル・セント・マーチンズ)
デザインアカデミー・アイントホーフェン[DAE]
京都嵯峨芸術大学
京都府織物・機械金属振興センター
丹後ちりめん創業300年事業実行委員会
Nissha

サマースクールについて
KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクールは、日本および海外を拠点とするデザイナー、テキスタイル・エンジニア、マテリアル・サイエンティストによる現在進行中のコラボレーションプロジェクトです。このコラボレーションは、丹後地方における伝統的、実験的なテキスタイル生産者と共におこなうフィールドリサーチやワークショップと、D-labの先進的な施設にてサラ・ロバートソン博士(RCA)、カンガン・アローラ氏(UAL)、ジュリア・カセム特任教授(KYOTO Design Lab)が率いる5日間のプロトタイピングベースのワークショップから構成されています。長期にわたる創造的で技術的なコラボレーションを参加者間で育むことを目的とし、同時に、伝統的な技法と新しいテクノロジーをいかに結合させうるのかに関して新たな洞察を得ることを目指します。

スケジュール
本サマースクールは、京都府北部の丹後半島と京都市内でおこなわれます。
最初の2日間はD-labでオリエンテーションとワークショップセッションをおこない、3日目からは京丹後市内のさまざまな織物工場を訪問する4日間のスタディツアーを実施します。スタディツアーのプログラムには、京都府織物・機械金属振興センターや京丹後キャンパスでのワークショップも含まれます。
2週目は、京都市内に戻り、京都工芸繊維大学の先端ファイブロ科学専攻やバイオベースマテリアル学専攻とのコラボレーションにより実施される5日間のワークショップをD-labにておこないます。また、「新素材×伝統的な技法、伝統的な素材×先進的な技法」というテーマのもと、テキスタイル、素材、プリントの専門家によるレクチャーやデモンストレーションもおこなわれます。

参加対象
すべてのデザイナー、テキスタイルエンジニア、テキスタイル生産者ほか、興味のあるテキスタイル関係者、学生、一般

組織について
D-labは、京都工芸繊維大学および京都工芸繊維大学京丹後キャンパスでおこなわれるサマースクールのコンテンツ、計画、組織など一切を主催します。
京丹後市と京都府織物・機械金属振興センターは、織物生産者への訪問の手配や京丹後でのワークショップなどをサポートします。

宿泊と交通手段
京丹後市では、参加者は全員京都工芸繊維大学京丹後キャンパスの宿泊施設に滞在します。参加者にご負担いただく宿泊費は発生しませんが、京丹後滞在中に利用する貸切バス代金は1人当たりおよそ12,000円お支払いただきます。
その他、京都までの交通費、京都市内での宿泊費は個人での負担となります。あらかじめご了承ください。

参加費

京都工芸繊維大学の学生以外の参加者
材料費(1万円)+参加費(3万円)+京都市-京丹後市間の貸切バスでの移動に伴い発生する交通費+京都市内での宿泊費(遠方から参加し京都市内で宿泊する必要がある場合)+航空券代(海外からの参加者のみ)

京都工芸繊維大学の学生
材料費(1万円)+京都市-京丹後市間の貸切バスでの移動に伴い発生する交通費

スケジュール
8月19日 – 20日 概要説明プレゼンテーション+型染めのデモンストレーション+D-labでのミニワークショップ
ワークショップリーダー|ジュリア・カセム教授(KYOTO Design Lab)、上田香教授(嵯峨美術大学)
8月21日 – 24日 京丹後訪問(参加者最大20名)
京丹後のテキスタイル生産者を訪問。地元のテキスタイル生産者と共に、京都府織物・機械金属振興センターや京丹後キャンパスで1日のワークショップを開催。
8月26日 – 30日 京都工芸繊維大学でのワークショップ(参加者最大30名)
京都工芸繊維大学でのデモンストレーションやレクチャーを含む5日間のワークショップ。
ワークショップリーダー|サラ・ロバートソン博士(RCA)、カンガン・アローラ氏(セントラル・セント・マーチンズ)、ジュリア・カセム教授(KYOTO Design Lab)

2017年のテキスタイル・サマースクールのレポートを下記リンクよりご参照ください。
» [レポート]学際的な知は、伝統的な製織産業を救うか?──KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール 京丹後編
» [レポート]テキスタイルデザインという地平、それを拓く冒険的体験──KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール KIT編

申し込み
下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえ、ご応募ください。選考のうえ、合否を連絡いたします。デザイナーの方は、これまでの作品を説明する簡単なポートフォリオもお送りください。

応募期限
海外からの応募期限は3月31日、日本在住参加希望者の応募期限は6月30日です。参加者数が限られていますので、早めのご応募をお勧めいたします。また、2018年のテキスタイルサマースクールの選考を通過し最終的に参加が叶わなかった方は優先的に受け付けます。

問い合わせ
テキスタイルサマースクールに関するお問い合わせは、KYOTO Design Lab 事務局(info@d-lab.kit.ac.jp)までご連絡ください。

KYOTO Design Lab Textiles Summer School 2019
Structure, Surface, Scenario – new technologies, old challenges > old materials, new challenges

Period: August 19 – 30, 2019 (August 25 free)
Venue: KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology (KIT), Matsugasaki, Kyoto + Kyoto Institute of Technology, Kyotango Campus

Collaborating Partners
Royal College of Art (RCA)
University of the Arts London (UAL)
Design Academy Eindhoven(DAE)
Kyoto Saga University of the Arts
Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry
Organizing committee for the 300 th anniversary of TANGO CHIRIMEN Textile
Nissha

About the Summer School
The KYOTO Design Lab Textiles Summer School is an ongoing collaboration with designers, textile engineers and materials scientists from Japan and overseas. It combines in-depth study, field research and workshops with traditional and experimental textile producers in the Tango Peninsula and a five-day hands-on prototyping-based design workshop using the advanced workshop facilities of KYOTO D-Lab led by Dr Sara Roberston (RCA), Kangan Arora (Central Saint Martins, UAL) and Professor Julia Cassim (D-lab). The aim is to foster long-term creative and technical collaboration between all parties and simultaneously gain new insights into how traditional skills and new technologies can be merged.

Schedule
The summer school takes place in the Tango Peninsula and in Kyoto. After a two-day orientation and workshop session at KYOTO Design Lab, participants will leave on a 4-day study tour to different weaving firms in Tango, including one-day workshops at Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry (Textile Research Centre) and at KIT’s KyoTango campus with local textile producers. Returning to Kyoto, a 5-day design workshop at KYOTO Design Lab will be organised in collaboration with the Department of Advanced Fibro Science and the Department of Bio-Based Materials at KIT. The summer school will also include lectures and demonstrations by textile, materials and print specialists in relation to the overall workshop theme of: Structure, Surface, Scenario – new technologies, old challenges > old materials, new challenges

Who can participate?
Designers of all disciplines, textile and materials engineers, textile producers, interested parties.

What are their respective roles?
D-lab will be the main project organiser for the contents, logistics and organisation of the summer school at KIT and KIT KyoTango campus.
KyoTango City and the Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry will facilitate the visits to textile producers and their participation in workshops in KyoTango.

Accommodation and Transport in Japan
Overseas participants will be required to fund their own air tickets, daily subsistence expenses and accommodation while in Japan. KYOTO Design Lab has secured an attractive preferential discount rate offered by Hostel NINIROOM for participants during the summer school period (18-31 August).
When applying to D-lab for the summer school, participants should indicate whether they wish to stay at Hostel NINIROOM and must then use the TSS booking code supplied by D-lab to make their reservation directly to NINIROOM at email: info@niniroom.jp by April 12, 2019 after you are accepted as a participant of the programme (same discount rate is applicable to extra nights right before and after workshop if rooms are available). It is strongly advised that you stay here given the room shortage and high prices at this time of year in Kyoto and its ideal central location. For the 10 nights required for the summer school (18-20 & 24-30 August), the average cost will be about 26,000 JPY per person. The types of room will be assigned by NINIROOM*.

*Cancellation policy of NINIROOM for the summer school will be different from NINIROOM’s general policy. TSS participants, who wish to stay at NINIROOM will be informed of this at the time of booking.
In Kyotango, all participants will stay at KIT’s Kyotango campus accommodation for which there is no charge but coach transport to and from Kyoto and within KyoTango will cost approximately 12,000 JPY per person.

Workshop fee and materials

All participants except KIT students
10,000 yen material fee + 30,000 yen participation fee + Accommodation cost in Kyoto city (if you are from outside of Kyoto and need accommodation) + Travelling cost within Kyoto city and Kyotango + Transport cost to and from Japan (if you are traveling from overseas)

KIT students
10,000 yen material fee + Travelling cost within Kyoto city and Kyotango

Overall Schedule (August 25 free)
19-20 August Briefing presentations, katazome demonstration + mini workshop at KIT
Workshop led by Professor Julia Cassim (D-lab) and Professor Kaori Ueda (Kyoto Saga University of the Arts).
21-24 August KyoTango Visit (maximum 20 participants)
Visits to Tango textile producers. One day workshops at Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry (Textile Research Centre) and KIT KyoTango campus with local textile producers.
26-30 August Kyoto Workshop (maximum 30 participants)
5-day design workshop at KIT with demonstrations and lectures.
Workshop led by Dr Sara Roberston (RCA), Kangan Arora (Central Saint Martins) and Professor Julia Cassim (D-lab).

See a report on the 2017 Textiles Summer School here
» Report: KYOTO Design Lab Textiles Summer School – Part of the Workshop at KYOTO Design Lab

To Apply
If you are interested in taking part, please send your full contact details, a short biography and description of your interest in the project and what you can contribute to it. Designers should send a PDF portfolio of their work. The application deadline for overseas participants is March 31 and June 30 for Japan-based ones. Due to numbers, early application is advised and preference will be given to those who were unable to take part in 2018. Applicants staying at the Hostel NINIROOM will be informed before the April 12 deadline.

Contact
For any queries relating to the summer school please contact julia-cassim@kit.ac.jp (English) or info@d-lab.kit.ac.jp
Kyoto Institute of Technology
1, Hashikami-cho
Matsugasaki, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8585
Japan