寺田倉庫が運営する建築倉庫ミュージアムが開催する企画展「Wandering Wonder -ここが学ぶ場-」にて、KYOTO Design Labの模型と関連資料が展示されます。

学びの場に関連する、建築倉庫ミュージアムが保管する建築模型作品のほか、D-labを含む招待施設の建築模型作品や関連資料が展示される展覧会です。

また、入場料には建築倉庫ミュージアムで同時開催中の企画展示「ガウディをはかる -GAUDI QUEST-」の観覧料も含まれますので、この機会にぜひご覧ください。

KYOTO Design Lab

Wandering Wonder -ここが学ぶ場-

会期|2019年5月22日[水] – 9月1日[日](7月1日[月] – 19日[金]の期間は休館)
会場|建築倉庫ミュージアム 展示室B(〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10)
開館時間|火〜日 11:00-19:00(最終入館18:00)
休館|月
入場料|一般 3,000円、大学生/専門学校生 2,000円、高校生以下 1,000円(展示室Aの観覧料含む)
主催・企画|寺田倉庫 建築倉庫ミュージアム
企画協力|岩澤拓海(AUFTAKT)、吹野晃平(Atmos)
詳細ページ建築倉庫ミュージアム Wandering Wonder

企画概要
学びの場、育ちの場と聞いて、どんな場所を思い浮かべるでしょうか。幼稚園、小・中学校、高等学校、大学、図書館、美術館…。戦後の民主化とともに日本の教育施設と生涯学習施設は大きく発展を遂げてきました。近年は、少子高齢化、都市への人口集中、グローバル社会、ワークライフバランス推進、授業時数の変更などといった社会の変化が、廃校の利活用、地域資源の活用、主体的な学習、社会人の学び直しやボランティア活動、ミュージアムの役割の充実など、教育や生涯学習のニーズに変化をもたらし、建築空間もそれらに合わせて多様化してきたと言えます。
本展では、教育施設、生涯学習施設だけでなく、それらの枠にとどまらない福祉施設、体験型学習施設、アフタースクール、オルタナティブアートスペースなども含め、誰もが好奇心をもって訪れることが期待される、学びや育ちを生む建築作品をご紹介します。

出展作家
山本理顕設計工場
横河健|横河設計工房
隈研吾建築都市設計事務所
坂 茂
シーラカンスアンドアソシエイツ
長坂大 東畑建築事務所 Méga
梓設計
川原田康子+比嘉武彦|kw+hg アーキテクツ
佐藤慎也+古澤大輔+馬場兼伸+黒川泰孝
ブルースタジオ
吉村靖孝建築設計事務所
原田真宏+原田麻魚|MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
西田司+一色ヒロタカ+勝邦義+岩崎修|オンデザイン
山﨑健太郎デザインワークショップ

The models of KYOTO Design Lab will be on display at the exhibition ‘Wandering Wonder -Expanding the space of learning-‘ by ARCHI-DEPOT Museum.

KYOTO Design Lab

Wandering Wonder -Expanding the space of learning-

Dates: Wednesday 22 May – Sunday 1 September, 2019
(Closed from Monday 1 July to Friday 19 July)

Venue: ARCHI-DEPOT Museum – Room B (2-6-10 Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 140-0002)

Open Hours: Tuesday – Sunday, 11:00 AM – 7:00 PM (Admission until 6:00 PM), Closed on Monday
(open when Monday is a holiday, but closed the following Tuesday)

Admission: Adults 3,000 yen / Students 2,000 yen / 18 and under 1,000 yen
Including the admission for the exhibition Room A
* Free admission for visitors with a physical disability certificate and one of their carers
* Presentation of your school identification card Windicating your age or a physical disability certificate will be required on admission.

Details link: ARCHI-DEPOT Museum

Exhibiting Architect:
Riken Yamamoto & FIELDSHOP
KEN YOKOGAWA / ARCHITECT & ASSOCIATES INC
KENGO KUMA & ASSOCIATES
Shigeru Ban
Coelacanth and Associates
Dai Nagasaka Tohata Architects & Engineers Méga
AZUSA SEKKEI
Yasuko Kawaharada + Takehiko Higa / kw+hg architects
Shinya Satoh + Daisuke Furusawa + Kanenobu Baba + Yasutaka Kurokawa
blue studio
Yasutaka Yoshimura Architects
HARADA MASAHIRO + MAO MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
Osamu Nishida + Hirotaka Isshiki + Kuniyoshi Katsu+Osamu Iwasaki / ondesign
YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP Co.,Ltd.

Organizer: Warehouse TERRADA ARCHI-DEPOT MUSEUM