京都工芸繊維大学 卒業・修了制作展2018 にてパブリックレクチャーを開催しますPublic Lecture by E2A and Nicholas Rhodes at Kyoto Institute of Technology Graduate Exhibition 2018

京都工芸繊維大学 卒業・修了制作展2018

工芸科学部造形科学域デザイン・建築学課程 卒業研究作品展2018
大学院工芸科学研究科造形科学域デザイン学専攻 修了制作展2018
大学院工芸科学研究科造形科学域建築学専攻 修了制作展2018

日時|2018年2月9日[金] – 12日[月・祝] 10:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場|京都文化博物館(本館5,6F / 別館)
主催|京都工芸繊維大学
協賛|株式会社総合資格
入場|無料

大学院工芸科学研究科造形科学域デザイン学専攻
修了制作展 外部審査員特別講演階

Nicholas Rhodes「カオスからエピファニーへ」

日時|2018年2月10日[土] 14:45-16:45
会場|京都文化博物館 本館5F
入場|無料
申込|不要
講師|Nicholas Rhodes[セントラル・セント・マーチンズ]

概要
セントラル・セント・マーチンズのProduct Ceramic & Industrial Designでは、「熟慮的な素朴さ」を方法論に発展させようと努めている。たとえばIndustrial Designの修士課程に学生を迎えいれる際、「私達は何も知らないということを知っている(無知の知)」というデザイン実践者の育成を率いる者にしては奇妙なステートメントを投げかけている。
しかし私達が知っているのは、新しい可能性やテクノロジー、ネットワークは重要な問題や機会を提示するだけでなく、不可解な謎をも突きつけるということである。ブルース・マウによる「なんでもできるようになった今、何をしよう?」という問いにうまく表現されているように。
今回のレクチャーで問いかけられる教育者への次なる質問は以下のようになるだろう。学生たちがさまざまな未来のシナリオの中をうまく舵を取りながら成長し、新しい状況に対して単純に反応するのではなく積極的に介入し形づくっていくことができるようにするには、どうすればいいだろうか?

Nicholas Rhodes [MA DipCSAD FHEA FRSA FMAU]
ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ Product Ceramic & Industrial Design プログラム・ディレクター。2013年にThe Queen’s Anniversary Prize for Higher & Further Education の Product & Industrial Design’s contribution to the creative economy を受賞。
またRhodes & Lauritsenのディレクターを務め、ヨーロッパやカリブ諸国、アジアの国々などをクライアントに、デザイン戦略の立案やトレンド予測をおこなっている。
主な作品にSpace-Saving Wine Glasses(セントラル・セント・マーチンズ美術館収蔵作品)などがある。

大学院工芸科学研究科造形科学域建築学専攻
修了制作展 記念講演会

Piet Eckert and Wim Eckert, E2A「恣意性と必要性」

日時|2018年2月9日[金] 17:30-19:00
会場|京都工芸繊維大学60周年記念館2F
入場|無料
申込|不要
講師|Piet Eckert and Wim Eckert, E2A[スイス・イタリア大学メンドリシオ建築アカデミー]

概要
ピート・エッカートとウィム・エッカートの兄弟は、ともにスイス連邦工科大学[ETH Zürich]を卒業したのち、1994年から1997年までロッテルダム、ロサンゼルス、ソウルのOMAに参画。2001年にE2Aを設立。彼らはヨーロッパのいくつかの大学で教鞭を執り、現在はスイス・イタリア大学メンドリシオ建築アカデミーの客員教授を務める。出版物は、2011年にHatje Cantzから出版された、E2Aの活動を包括的にまとめたモノグラフや、2014年にPark Booksから出版されたSilent Form、そして最近ではGustavo Gili Editorsの雑誌「2G」に掲載された新しいモノグラフなどがある。
彼らの作品は、公共、文化、企業、商業、住宅セクターなどの領域におけるプロジェクトとして地理的、形式的に拡大している。彼らの手法はさまざまな現実とともに理想主義に立ち向かう。こうした対立によって浮かびあがるある種の皮肉は、コンテクストとプログラムという遍在する重荷を見直すことによって生まれる快楽と戦略的な矛盾のことだ。欲望と現実、そしてナラティブと分析はますます相入れない関係になってきている。そこでE2Aが寄与するものは、必ずしもつながりへの単一的なビジョンに固執することではなく、むしろ潜在的な構成上のロジックを用いた矛盾や乱れの統合である。制約が建築的造形へと変換される。

E2A [Piet Eckrt and Wim Eckert]
ともにスイス連邦工科大学[ETH Zürich]を卒業したのち、1994年から1997年までロッテルダム、ロサンゼルス、ソウルのOMAに参画。2001年にE2Aを設立。ヨーロッパのいくつかの大学で教鞭を執り、現在はスイス・イタリア大学メンドリシオ建築アカデミーの客員教授を務める。
主な建築作品にベルリンのHeinrichBöll財団、シュテファのオーディトリウムと図書館、チューリッヒのEscherparkなどがある。
近作ではロンドンの高層マンションやチューリッヒ郊外の学校、バーゼルの大学・ビジネススクールなどに取り組んでいる。


その他イベント

デザイン・建築学課程 卒業研究作品展

▶2/11(日)
14:30-15:00 ゲストトーク
15:00-18:00 学生作品講評会

ゲスト
坪井浩尚(プロダクトデザイナー)
坂牛卓(建築家、東京理科大学教授)

大学院デザイン学専攻 修了制作展2018

▶2/10(土)
10:00-12:00 外部審査会
13:00-14:30 受賞学生プレゼンテーション
14:45-16:45 外部審査員特別講演会

外部審査員
フミ・ササダ(株式会社ブラビス・インターナショナル代表、クリエイティブディレクター)
Nicholas Rhodes(デザイナー、教育者)

大学院建築学専攻 修了制作展2018

▶2/9(金) ※京都工芸繊維大学60周年記念館2階にて
17:30- 記念講演会

講師
Piet Eckert(E2A)、Wim Eckert(E2A)

▶2/10(土)
10:00-13:00 公開講評会

外部審査員
Piet Eckert(E2A)、Wim Eckert(E2A)
吉村靖孝(吉村靖孝建築設計事務所)

会場内では、KYOTO Design Labのプロジェクト映像を上映しております。
こちらも合わせてご覧ください。

» 京都工芸繊維大学 卒業・修了制作展2018


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


Kyoto Institute of Technology Graduate Exhibition 2018

Schedule: 10:00-19:00, Friday 9 – Monday 12 February, 2018 (last day: 10:00-17:00)
Venue: 5,6F / Annex Hall, The Museum of Kyoto
Organized by Kyoto Institute of Technology
Supported by Sogo Shikaku Co., Ltd.
Admission free

MA Design Public Lecture

Nicholas Rhodes “Chaos to Epiphany”

Date: 14:45-16:45 Saturday 10 February, 2018
Venue: 5F, The Museum of Kyoto
Lecturer: Nicholas Rhodes
Admission free

Summary:
In Product Ceramic & Industrial Design at Central Saint Martins, we are endeavouring to develop forms of deliberative naivete as methodologies. For instance, we have come to introduce students to MA Industrial Design with a statement which might seem strange for people who are expected to be guiding the development of design practitioners. That statement is: “we know that we don’t know”.
What we do know however, is that new capacities, technologies and networks present significant challenges and opportunities, but also pose enigmas such that neatly expressed by Bruce Mau in the question “Now that we can do anything, what will we do?”.
The ensuing question for educators addressed in this lecture; is how we might prepare students best to navigate and thrive through future scenarios – to form rather than react to new circumstances?

Nicholas Rhodes [MA DipCSAD FHEA FRSA FMAU]
Programme Director – Product Ceramic & Industrial Design, Central Saint Martins, University of the Arts London. Achievement: The Queen’s Anniversary Prize for Higher & Further Education 2013 Product & Industrial Design’s contribution to the creative economy.
Director, Rhodes & Lauritsen – Design Strategy & Trend Forecasting agency serving enterprises in Europe, the Caribbean and Asia. Clients include Unilever, Honav (Beijing Huajiang Culture Development) / London Olympics 2012.

MA Architecture Public Lecture

Piet Eckert and Wim Eckert, E2A “arbitrariness and need”

Date: 17:30-19:00 Friday 9 February, 2018
Venue: 60th Anniversary Hall, Kyoto Institute of Technology
Lecturer: Piet Eckert and Wim Eckert, E2A
Admission free

Summary:
The brothers, Piet Eckert and Wim Eckert, both graduated from the ETH Zurich in 1994 and 1995. After their studies they joined OMA, working from 1994 to 1997 in Rotterdam, Los Angeles and Seoul. In 2001 Piet and Wim established E2A. They have taught at several schools and universities in Europe and are currently guest professors at the Accademia di architettura in Mendrisio. Their work has been widely published including the comprehensive monograph E2A in 2011 with Hatje Cantz, Silent Form in 2014 with Park Books and more recently the new monograph by 2G Magazine of Gustavo Gili Editors. Their work has expanded geographically and typologically with projects in the realm of the public, cultural, corporate, commercial and the housing sector. Their methodology of work confronts idealism with an inventory of realities. Out of this confrontation a sense of irony arises, a pleasure and a strategic contradiction to reassess an omnipresent burden of context and program. Desire and reality, narrative and analysis form an increasingly conflicted relationship. Therefore, E2A’s contributions do not necessarily adhere to a single vision of cohesion, but rather integrate discrepancies and disruptions with implicit organizational logic. Constraints are converted into architectural forms.

E2A [Piet Eckrt and Wim Eckert]
Piet Eckert and Wim Eckert are brothers. Both graduated from the ETH in Zurich in 1994 and 1995. Both worked from 1994 till 1997 at OMA in Rotterdam, Los Angeles and Seoul. They have taught at several schools and universities in Europe and are currently guest professors at the Accademia di architettura in Mendrisio.
Best known among their realized projects are the Heinrich Böll Foundation in Berlin, the auditorium and library in Staefa, the high-rise apartment building Escherterraces with rehearsal stages of the Zurich Opera House as well as the housing project Escherpark in Zurich. The current work focuses on the realization of the Taz newspaper and media building in Berlin, a new development for an apartment tower in London, the Europa Allee H-Project, the school campus Moos, both in and near Zurich, the university and business school of Basle and the high-rise slab building for Zurich’s oldest deaconry Bethanien.


» Kyoto Institute of Technology Graduate Exhibition 2018


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Posts
Share