Kyoto City

再生と革新
計画・設計|歴史・理論|エンジニアリング
Regeneration
Planning and Design | History and Theory | Engineering

KYOTO Design Labの都市・建築領域では、Regeneration[再生と革新]をキーワードに、国境や専門領域を越えた横断的視野でプロジェクトに取り組んでいます。

この領域は、大きく分けて「計画・設計」、「歴史・理論」、「エンジニアリング」の3つの専門性の柱からなります。各プロジェクトは、ともすれば相互の関係を失い、専門領域のみでの活動になりがちなこれらの柱を、国や地域、都市、建築、それぞれのスケールにおけるRegenerationを緩やかな目標に定めることで、シームレスに重ね合わせることを常に意識して進められます。

プロジェクトは、建築・都市の保存再生のための大学院教育プログラム、まだ見ぬ価値の発見と創造を目指した提案型デザインプロジェクト、そして社会的な課題に具体的なデザイン提案で答えるプロジェクト、という大まかな3つの方向性を持ちつつ、これも相互の関係を見据えながら実施しています。いわば、3本柱からなる2重のリングが、中心テーマであるRegenerationを取り巻く形です。

教育プログラム、リサーチ、ワークショップ、設計・施工等、種々の形態をとるプロジェクト群は、Regenerationを巡る円の中にそれぞれ位置付いている。分布には偏りがありますが、現時点での問題意識がこの偏りの中に刻まれているとも言えるでしょう。年を重ねるごとに、円の内部が満たされて全体像が浮かび上がっていくことを期待しています。

テーマ1. 設計・計画 プロジェクト:造形遺産

テーマ1. 設計・計画
プロジェクト:造形遺産

テーマ2. 歴史・理論 プロジェクト:日本庭園の風景と音の計測: ETHZ ランドスケープ研究室との共同研究

テーマ2. 歴史・理論
プロジェクト:日本庭園の風景と音の計測: ETHZ ランドスケープ研究室との共同研究

テーマ3. エンジニアリング プロジェクト: 京左官がつくる土壁の繰り返し載荷実験

テーマ3. エンジニアリング
プロジェクト: 京左官がつくる土壁の繰り返し載荷実験

In the field of architecture at Kyoto Design Lab, taking “regeneration” as a keyword, we engage in projects from a cross-disciplinary perspective that transcends national borders and academic fields.

The domain can be broadly divided into three core pillars of specialization: “Planning and Design,” “History and Theory,” and “Engineering.” Individual projects run the risk of being limited to a single area of specialization and losing their interrelatedness, but by defining “regeneration” as a loose objective at the scale of nation, region, city, or building we constantly seek to promote seamless overlapping.

Projects follow one of three broad directions ̶ graduate school educational programs targeting the preservation and revitalization of buildings and urban environments, design proposals aimed at discovering and creating heretofore unseen value, and projects that respond to social issues with concrete design proposals ̶ but are conducted with a mind to their interrelatedness. In a sense, then, a double-layered ring formed by the three pillars encircles the central the theme of “regeneration.”
Projects take many forms, ranging from educational programs to research, workshops, design, and construction, but are all positioned on the ring surrounding “regeneration.”

Distribution may be uneven, but can surely be said to reflect current concerns. We hope that the ring will fill with each passing year to reveal the big picture.

Theme 1.  Planning and Design Project: 造形遺産ZOKEI-ISAN: Formative Heritage

Theme 1. Planning and Design
Project: ZOKEI-ISAN: Formative Heritage

Theme2. History and Theory Project: Bits of Kyoto Garden: Workshop and Research with ETHZ. ILA

Theme2. History and Theory
Project: Bits of Kyoto Garden: Workshop and Research with ETHZ. ILA

Theme3. Engineering Project: Cyclic-Loading Tests of Traditional Mud Walls Constructed by Plasteres in Kyoto

Theme3. Engineering
Project: Cyclic-Loading Tests of Traditional Mud Walls Constructed by Plasteres in Kyoto

Share