Kyoto tweet crop

[募集]SUTDとの共同ワークショップ「Measuring the Unmeasurable」の参加者を募集しますApplication: “Measuring the Unmeasurable”, Open Collaborative Workshop with SUTD

KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程でシンガポール工科デザイン大学[SUTD]との共同ワークショップ「Measuring the Unmeasurable」を開催いたします。
多くの人々が日々活用しているデジタル・データを活用して、都市の中の場所性を考察します。携帯端末などのビッグデータの利用は、マーケティングなど経済界のみならず、交通、防災を含めた都市計画など、建築関連分野でも多方面での活用が期待されています。また、データのやり取りを可視化するメソッドは、建築・都市デザインへの応用も進んでいくものと思われます。
今回のワークショップは、この分野での先進的取り組みを行っている、SUTDのサム・コンラッド・ジョイス先生をお迎えし、京都市内の場所性について、positive/negativeという観点から分析を試みます。

学外からの一般参加も可能なワークショップです。この機会にぜひご参加ください。

Measuring the Unmeasurable
測れないものを測る──ビッグデータ活用による京都の都市解析

概要
今日、私たちの日常生活のあらゆる部分がデータ化されている。それは、例えばクレジットカードで買い物をするというような意識的な行動もそうだし、道を歩いていてCCTVのカメラに記録されるというように、意識しないうちにデータを生成している場合もある。このようにデータは人間の行動の様々な場面をとらえてはいるが、では、その背後にある人々の社会的・感情的な面を探るには、どうすればいいだろうか?
このプロジェクトは、大量に集められた、人々の行動の記録データを使用することで、都市の文化・歴史とデザインを結び付ける方法を見出そうとするものである。新たな手法で都市を飛び交うデータを収集・記録し、従来の地図・プランでは捉えきれない、都市の中の場所性を考える試みである。
今回のワークショップは、京都を舞台として、ビッグデータの活用により人々の行動をビジュアル化したナラティブなツールとしてのマッピング・データセットを作成すること、そして、このツールによって都市の中の特定の場所での人々の行動をいかに解読できるか、ということを考えるというものである。都市における他者の行動──かたちのないもの、物理的には測れないもの──を我々はいかに認識することができるか。そうして、それは都市と建築の構造を変えることができるのか。このような問題に対して、データ活用からみえる新しいストーリーを見つけることを目指している。

日程|2018年1月12日[金]13日[土]17日[水]18日[木]
会場|京都工芸繊維大学 E2-401、E1-501、京町家キャンパスににぎ

ワークショップリーダー
サム・コンラッド・ジョイス 助教[SUTD]
シンガポール工科デザイン大学助教。Buro Happoldにてデザインシステム・アナリストを務め、プロジェクトのジオメトリー・構造・基本計画に携わったのち、Foster+PartnersのR&Dグループを率いた。教育者としても国際的に活動し、ロンドンのAAスクールのテクニカル・スタディーズ、またスウェーデンのチャルマース工科大学などで教鞭を執る経験を持つ。
博士課程では、建築・エンジニアリングデザインにおけるコンピュテーションを研究。効率的なDSE(デザイン・スペース・エクスプロレーション)と意思決定のための、豊富なデータを有するシステム開発を目的とし、そのためにスケーラブルな分散コンピューティング・多目的最適化・ビッグデータ分析・AI・ウェブベースのビジュアリゼーションなどにおける新しい技術を統合して利用している。

定員
若干名(最大15名)

参加資格
全学年、全専攻、一般からの参加を歓迎します
データ解析、英会話のスキルは問わない
原則、すべてのワークショップ日程に参加できること

応募締切
2018年1月8日[月・祝] 18:00まで

応募方法
下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえご応募ください。


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


Measuring the Unmeasurable

Summary
Data is ubiquitous part of our daily lives; the actions we do generate data both in ways we are aware such as paying for something with a credit card, but also in ways that we are unaware such as being recorded on CCTV walking down the street. Whilst data captures the material and actual of human actions it often falls short trying to adequately represent the social and emotional factors in human interaction with others and space.

This project aims to offer an opportunity for students to experience Japanese culture, history and design. With this acting as a catalyst for research, to attempt in a personally derived, but as rigorous fashion as possible, record and generate novel spatial data beyond traditional maps and plans, and enable insight into the social activities which make a place special.

To do this we will be extending the cartographic investigations of Denis Wood: by developing novel mapping and new data sets both as aesthetic products but also narrative tools to explain and understand the activity of a space; to help others value these intangible qualities, and find new data-driven directions to improve urban and architectural configurations.

Date: Friday 12, Saturday 13, Wednesday 17, Thursday 18 January, 2018
Venue: E2-401, E1-501, Kyoto Institute of Technology, Kyomachiya Campus Ninigi

Workshop Leader
Assistant Professor Sam Conrad Joyce [SUTD]
Sam Conrad Joyce is an Assistant Professor in Architecture and Sustainable Design at the Singapore University of Technology and Design.
Prior to this he was an Associate at Foster + Partners, in the Applied Research and Development group leading structural integration. Before this he held a role as Design Systems Analyst at Buro Happold working on geometrical, structural and master-planning projects.
He has taught internationally including Technical Studies in the Architectural Association, London, and Design Programming at Chalmers University, Gothenburg, Sweden.
His doctoral studies focus on computation for integrated architectural and engineering design, focussing on professional practice. Aiming to develop data rich systems for effective design space exploration and executive decision making. To enable this his work synthesizes and applies new techniques in distributed and scalable computing, multi-objective optimization, big data analytics, artificial intelligence and web based visualisation.

Maximum participants
20

Participants Qualifications
The opportunity is open to public participants
Principle, participants need to be in all of the workshop schedule

Application deadline
18:00, Monday 8 January, 2018

Application form
Please fill in the bellow form and send it.
https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=29170


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Posts
Share