[募集]デザインワークショップ「the last 15 minutes – 地球最後の15分間」の参加者を募集しますApplication: the last 15 minutes – Open Workshop with James Auger

KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程で、RCAデザイン・インタラクションズでアンソニー・ダンとともに教鞭をとった、M-ITIのジェームズ・オージャー准教授をお招きし、デザインワークショップ「the last 15 minutes – 地球最後の15分間」を開催いたします。

学外からの一般参加も可能なワークショップです。この機会にぜひご参加ください。

the last 15 minutes
地球最後の15分間

日程|2018年2月13日[火]-16日[金]
会場|京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab
ウッドワーキング・デジタルファブリケーションルーム

概要
エネルギーのひとつの形態としての電気は、無限に供給し続けるかのように見えるコンセントを通して私たちの元に届けられる。このユビキタスで何の変哲もないコンセントというものは、あらゆる電化製品の一部であり、通常デザイナーの出番はケーブルと壁に差し込まれるプラグまでで終わる。私たちの生活はエネルギーで溢れているが、私たちのエネルギーとの関係は、メーターの数字や月末の請求書などで目にするだけの希薄でよそよそしいものだ。このシステムは「常に利用可能なエネルギーの流れ」というイメージを作りあげ、私たちのエネルギーに対するインタラクションやふるまいを完全に決定づけている。
このワークショップは、次のふたつの視点から私たちとエネルギーとの関係性を模索する。

プロダクトをデザインする方法
プロダクトの境界線はどこに引かれているだろうか?
コンセントの向こう側では何が起きているのだろうか?
エネルギーの供給源をプロダクト自体に組み込むようなしかたでデザインできるだろうか?

プロダクトと関わる方法
エネルギー消費量を実体のあるものとしてプロダクトのユーザーにどのように知らせることができるだろうか?
ユーザーの行動を、スマートメーターを相手にする時よりも積極的で意義のあるものにするにはどのようにすればいいだろうか?

ワークショップ要旨
私たちがエネルギーに対して持つ「常にそこにあるもの」というイメージは、エネルギーのインフラがよく機能していることによって保たれている。現代の電子機器のもたらす快適さと楽しさは、自然災害などでこのインフラの機能が停止した時にのみ脅かされるものである。
このワークショップでは、何かしらの災害が起こったためにインフラが崩壊し世界の終わりまで15分しかないと仮定し、この最後の15分を共に過ごす電気製品をデザインする。その製品はエネルギーを供給することができ、地球で最後の時間を過ごすのにふさわしい交流をもたらすものでなければならない。また、エネルギー供給のためのローカルで特異的な解決法を模索する必要がある。DCモーターや太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギーにまつわる問題点や制約(風が吹いていなかったり、夜間の場合どうするのか等)を考慮に入れて取り組む。

ワークショップリーダー
ジェームズ・オージャー 准教授[MA, PhD, RCA]

ポルトガルMadeira Interactive Technologies Institute [M-ITI]准教授。研究範囲は、架空、現実的、あるいは機能的な、様々なスケールのエネルギー関連の提案やプロジェクトを統合する実験的な生活のラボラトリーとしての「島」の可能性を探求している。この研究はバルセロナのコンテンポラリー・カルチャー・センター[CCCB]からCultural Innovation International Prizeを受賞した。RCAにてデザインプロダクツの修士を取得後、Media Lab Europe [MLE]にてテクノロジーに媒介された人間のコミュニケーションを研究。その後、東京のIssey Miyake Design Studioにてゲストデザイナーを務め、2005年から2015年にかけてRCAのデザイン・インタラクションズの授業で教鞭を執った。また、Auger-Loizeauのパートナーとしてスペキュラティブデザインの実践をおこない、そのプロジェクトはニューヨークのMoMAにて常設展示作品に指定され、東京の21_21デザインミュージアム、ロンドンのThe Science Musuem、北京の中国国家博物館、リンツのアルスエレクトロニカなどでも展示された。

定員
20名

参加資格
全学年、全専攻、一般からの参加を歓迎します
原則、すべてのワークショップ日程に参加できること

応募締切
2018年2月6日[火]18:00まで

応募方法
下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえご応募ください。


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


the last 15 minutes

Period: Tuesday 13 – 16 February, 2018
Venue: KYOTO Design Lab Wood working and Digital fabrication Room, Kyoto Institute of Technology

About
Electricity, as a form of energy, arrives through wall sockets that deliver a seemingly endless supply. These ubiquitous, generic sockets are part of the design of every electrical product with the designer’s role ending at the cable and plug inserted into the wall. This system also completely shapes our energy-interactions and behaviour creating the perception of an always-available flow.
Our lives are energy rich, but our relationship with energy is ethereal and distant – a number on a meter, a bill at the end of the month.
This workshop explores our relationship with energy from two viewpoints:

How we design products:
Where do a product’s boundaries lie?
What happens on the other side of the wall socket?
Can we design products that incorporate energy supply into the product itself?

How we interact with products:
How can energy consumption be made more transparent and tangible for product users?
How can we change user behaviour in more engaging or meaningful ways than through smart meters?

Workshop Brief
Our perception of always-there energy is supported and maintained by a well-functioning energy infrastructure. Comforts and pleasures, delivered by modern electrical products, are only threatened when this infrastructure stop functioning such as in the event of a natural disaster.
Disaster has struck (chose your own version of what has happened), infrastructure has been destroyed and there is 15 minutes until the end of the world.
Design an electrical product to spend those 15 minutes with. The product should be capable of producing its own energy and the interaction should be something worthy of taking up your last moments on the planet. Explore local and bespoke solutions to energy generation – DC motors, the issues surrounding renewables such as solar and wind turbines and consider related constraints such as whether the wind is not blowing or it is night time.

Workshop leader
Professor James Auger [MA, PhD, RCA]

James Auger is associate professor at Madeira Interactive Technologies Institute (M-ITI), Portugal.  His current research explores the potential of the Island as an experimental living laboratory where fictional, factual and functional multi-scale energy-related proposals and projects are combined. This work was recently awarded the Cultural Innovation International Prize by the Centre of Contemporary Culture of Barcelona (CCCB).
After studying Design Products (MA) at the RCA, James moved to Media Lab Europe (MLE) exploring the theme of human communication as mediated by technology. He then worked in Tokyo as guest designer at the Issey Miyake Design Studio and from 2005 -2015 James taught on the critically acclaimed Design Interactions courset at the RCA,
James is also partner in the speculative design practice Auger-Loizeau whose projects is in the permanent collection of MoMA, New Yorkand have been shown at 21_21, Tokyo; The Science Museum, London; The National Museum of China, Beijing and Ars Electronica, Linz. 

Maximum participants
20

Participation Conditions
The workshop is open to all.
Participants must attend for the full workshop period.

Application deadline
18:00, Tuesday 6 February, 2018

Application form
Please fill in the bellow form and send it.
https://www.kit.ac.jp/form/view/index.php?id=30032


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Posts
Share