[募集]KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール 2018 を開催しますApplication: KYOTO Design Lab Textiles Summer School 2018

英国王立芸術学院、ロンドン芸術大学、デザインアカデミー・アイントホーフェン、京都嵯峨美術大学との共同で開催する「KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール」の参加者を募集します。

KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール
新素材×伝統的な技法、伝統的な素材×先進的な技法

日程|2018年9月3日[月] – 13日[木](土日にプログラムはありません)
会場|KYOTO Design Lab、京都工芸繊維大学京丹後キャンパス地域連携センター



コラボレート・パートナー

英国王立芸術学院[RCA]
ロンドン芸術大学[UAL](セントラル・セント・マーチンズ)
デザインアカデミー・アイントホーフェン[DAE]
京都嵯峨芸術大学
京都府織物・機械金属振興センター


サマースクールについて

KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクールは、京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab、英国王立芸術学院[RCA]、ロンドン芸術大学[UAL](セントラル・セント・マーチンズ)、デザインアカデミー・アイントホーフェン[DAE]、京都嵯峨芸術大学、京都府織物・機械金属振興センターのコラボレーションによって進行されます。

丹後半島の伝統的で実験的な織物生産者とデザイナー、テキスタイルエンジニア、国内外のマテリアルサイエンス研究者との創造的な出会いを促進することを目的に、丹後半島と京都で開催されます。海外から参加するデザイナーによって提案される新しいデザインの視点が、テキスタイル製造業者にとって新しいビジネスにつながるような、長期に渡る創造的・技術的なコラボレーションが生まれることを願っています。

2018年のサマースクールのフォーマットとテーマは、KYOTO Design Labによって企画された2017年のサマースクールのものを基盤としています。調査、フィールドリサーチ、D-labの先進的なファクトリー設備を使用するプロトタイピングをベースとした実践的なデザインワークショップが深く結びついたプログラムは、サラ・ロバートソン博士[RCA]、カンガン・アローラ[セントラル・セント・マーチンズ]、ジュリア・カセム特任教授[D-lab]によって主導されます。


スケジュール

12日間のサマースクールは、京都府北部の丹後半島と京都市内でおこなわれます。

初日のD-labでのオリエンテーションのあと、4日間京丹後に滞在し、丹後半島のさまざまな製織会社を見学するスタディツアーをおこないます。最終日には、地元の織物生産者とともにワークショップを実施します。

京都市内に戻ったのち、京都工芸繊維大学先端ファイブロ科学専攻およびバイオベースマテリアル専攻の協力のもと、KYOTO Design Labで4日間のデザインワークショップをおこないます。このワークショップは、スマートマテリアルの専門家で英国王立芸術学院のサラ・ロバートソンと、テキスタイルとプリンティングの専門家でセントラル・セント・マーチンズ講師のカンガン・アローラが主導します。

また、このサマースクールにはワークショップのテーマに関連したテキスタイルの専門家によるレクチャーも含まれます。

京都市内のワークショップ(第2週)のみの参加も可能です。

9/3 京都工芸繊維大学にて事前説明
9/4-7 京丹後訪問
地元の織物生産者へ訪問(京都府織物・機械金属振興センターのサポート)
京丹後キャンパスでの地元織物生産者とのワークショップ
9/8-9 自由行動
9/10-13 KYOTO Design Labでのデザインワークショップ
デモンストレーション、レクチャー、フィールドリサーチを含む


昨年のプログラムについては以下のレポートをご確認ください。

» [レポート]学際的な知は、伝統的な製織産業を救うか?──KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール 京丹後編

» [レポート]テキスタイルデザインという地平、それを拓く冒険的体験──KYOTO Design Lab テキスタイル・サマースクール KIT編


参加対象

すべてのデザイナー、テキスタイルエンジニア、テキスタイル生産者ほか、興味のあるテキスタイル関係者、学生、一般


組織について

KYOTO Design Labは、京都工芸繊維大学および京都工芸繊維大学京丹後キャンパスでおこなわれるサマースクールのコンテンツ、計画、組織など一切を主催します。
京都府織物・機械金属振興センターは、織物生産者への訪問の手配や京丹後でのワークショップなどをサポートします。


日本での宿泊と交通手段

日本人の参加者の方は、京都工芸繊維大学から京丹後キャンパスまでの移動および京丹後キャンパスでの宿泊のみD-labが手配します。その他、京都までの交通費、京都市内での宿泊費は個人での負担となります。あらかじめご了承ください。


参加費

ワークショップ参加費、材料費として10,000円を後日お支払いいただきます。


申し込み

参加者数が限られていますので、参加を希望する場合は、略歴と、このプロジェクトに対する関心とその対象について貢献できることを説明するテキストを送ってください。デザイナーの方は、これまでの作品を説明する簡単なポートフォリオも送ってください。
下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえ、ご応募ください。選考のうえ、合否を連絡いたします。


申し込み締切

2018年6月23日[土] 18:00まで

多数のご応募をいただいたため、申し込み締め切りを6月25日[月]まで延長します。
選考の合否は、6月29日までにご連絡いたします。
京都市内でのワークショップ(第2週)のみ参加希望の申し込み締め切りは、7月23日[月]までです。
第2週への参加申し込みに関しては、下記問い合わせ先まで、件名に「テキスタイル・サマースクール参加希望」と明記のうえ、メールにてご連絡ください。


サマースクールに関するお問い合わせ

606-8585
京都市左京区松ヶ崎橋上町1 京都工芸繊維大学
KYOTO Design Lab 事務局
info[at]d-lab.kit.ac.jp



隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab Textiles Summer School
New Materials > Old Challenges, Old Materials > New Challenges

Period: 3 – 13 September, 2018 [Weekends free]
Venue: KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology [KIT], Matsugasaki, Kyoto + Kyotango Campus, Kyoto Institute of Technology



Collaborating Partners

Royal College of Art [RCA]
University of the Arts London [UAL]
Design Academy Eindhoven[DAE]
Kyoto Saga University of the Arts
Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry


About the Summer School

The KYOTO Design Lab Textiles Summer School is an ongoing collaboration between KYOTO Design Lab at the Kyoto Institute of Technology [KIT], the Royal College of Art [RCA], the Design Academy Eindhoven [DAE], Central Saint Martins [UAL] Kyoto Saga University of the Arts and the Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry.

It facilitates a creative and collaborative encounter between Japan’s traditional and experimental textile producers in the Tango Peninsula and the designers, textile engineers and materials scientists from Japan and overseas. We hope that the new design perspective introduced will lead to long-term creative and technical collaboration between all parties that will lead to new business for the textile producers.

The format and theme of the 2018 summer school will be based on the successful 2017 one organised by KYOTO D-Lab. It combines in-depth study and field research and a hands-on prototyping-based design workshop using the advanced workshop facilities of KYOTO D-Lab led by Dr Sara Roberston [RCA], Kangan Arora [Central Saintt Martins] and Professor Julia Cassim [D-lab].


Schedule

The 12-day summer school will take place both in the Tango Peninsula and in Kyoto.
After a one-day orientation session at KYOTO Design Lab, participants will leave on a 4-day study tour to different weaving firms in Tango, which will culminate in a workshop at the KIT’s KyoTango campus with local producers. Returning to Kyoto, a 4-day design workshop at KYOTO Design Lab will be organised in collaboration with the Advanced Fibro Science Department and the Department of Bio-Based Materials at KIT. It will be led by smart materials specialist Dr Sara Roberston, RCA Textiles and print specialist, Kangan Arora , Associate Lecturer at Central Saint Martins, UAL.
The summer school will also include lectures by textile specialists in relation to the workshop themes.

Participation in KYOTO Design Lab (the second week) only is possible.

9/3 Briefing at KIT
9/4-7 KyoTango Visit
Visits to Tango textile producers (facilitated by Textile Research Centre)
One day workshop at Textile Research Centre/KIT KyoTango campus with local textile producers.
9/8-9 free
9/10-13 Kyoto Workshop
with demonstrations, lectures and visits at KIT


See a report on the 2017 Textiles Summer School below

» Report: KYOTO Design Lab Textiles Summer School – Tango Study Tour

» Report: KYOTO Design Lab Textiles Summer School – Part of the Workshop at KYOTO Design Lab


Who can participate?

Designers of all disciplines, textile engineers, textile producers, interested parties.


What are their respective roles?

D-lab will be the main project organiser for the contents, logistics and organisation of the summer school at KIT and KIT Kyotango campus.
The Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry will facilitate the visits to textile producers and their participation in workshops in KyoTango.


Accommodation and Transport in Japan

D-lab will organise all domestic transport and accommodation for overseas participants. In Kyoto this will be at KIT’s International Student House[Marikoji Kaikan] depending on availability or local hotels while in Kyotango it will be at KIT’s Kyotango campus accommodation. Depending on resources and numbers, grants will be available to cover domestic accommodation and travel for overseas participants. Early application is advised. Overseas participants will be required to fund their own air tickets and daily subsistence expenses while in Japan.


To Apply

If you are interested in taking part, please send your full contact details, a short biography and description of your interest in the project and what you can contribute to it. Designers should send a portfolio of their work.
Please fill in the form below and send it.

Participants will be required to pay a 10,000 JPY Workshop/Materials fee.


Application Deadline

18:00 Saturday 23 June, 2018

Due to the large number of overseas applicants for the workshop, the deadline for application for them has been advanced to June 25, 2018. For those wishing to take part in the second week of the workshop alone, the deadline remains at July 23, 2018

Successful applicants will be informed by June 29


Contact

For any queries relating to the summer school please contact julia-cassim[at]kit.ac.jp (English) or info[at]d-lab.kit.ac.jp

E1-527, Kyoto Institute of Technology
1, Hashikami-cho
Matsugasaki, Sakyo-ku, Kyoto, 606-8585
Japan



D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share