Care home, Wingene
Flanders, Belgium, 2016
Shortlisted for Brick Awards Worldwide 2016
photo: Kristien Daem

Sergison Bates architectsのジョナサン・サージソンによる公開講演会「住宅を再考する」を開催しますPublic Lecture: “A Reflection on Ideas of Housing” by Jonathan Sergison

KYOTO Design Lab[D-lab]は、下記の日程で、スイスイタリア大学メンドリシオ建築アカデミー教授、Sergison Bates architects共同主宰のジョナサン・サージソン氏によるパブリックレクチャー「住宅を再考する – A Reflection on Ideas of Housing」を開催します。

入場無料、申込不要のレクチャーです。ぜひご参加ください。

ジョナサン・サージソン 公開講演会
住宅を再考する – A Reflection on Ideas of Housing

日時|2018年10月11日[木] 18:00-20:00
会場|京都工芸繊維大学60周年記念館1F記念ホール
講師|ジョナサン・サージソン [Sergison Bates architects]
定員|100名(当日先着順)
入場|無料(聴講自由)
主催|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

概要
今回のレクチャーでは、私たちの建築的実践において住宅が果たしてきた重要な役割について考える。私たちは25年以上ものあいだ、ヨーロッパのコンテクストや広域な都市の状況のなかで住宅が果たしてきた役割と、現代住宅を建設することの意味について研究してきた。それらの成果は、絶えず進化するニーズについて思索し、住むことに特有の方法を押し付けるのではなく、生活をサポートする環境をつくるべきだという責任を私たちに思い起こさせた。いくつものプロジェクトに言及しながら、私たちがこのようなテーマや課題についてどのように探求してきたかを紹介する。

ジョナサン・サージソン
Jonathan Sergison

photo: Bertie Miller

Sergison Bates architects 共同主宰
スイスイタリア大学メンデリシオ建築アカデミー教授
1964年イギリス生まれ。1989年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート卒業。ロンドンのデヴィット・チッパーフィールド事務所で勤務したしたのち、1996年、自身の設計事務所サージソン・ベイツをロンドンに設立。2010年にはチューリッヒにも事務所を開設しヨーロッパ全域にプロジェクトをもつ。2008年からはスイスイタリア大学メンデリシオ建築アカデミーの教授も務める。RIBA(王立英国建築家協会) International award 2012等受賞多数。

» Sergison Bates architecture


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab [D-lab] will hold the public lecture “A Reflection on Ideas of Housing” by Jonathan Sergison.

Public Lecture
Jonathan Sergison [Sergison Bates architects]
“A Reflection on Ideas of Housing”

Time: 18:00-20:00 Thursday 11 October, 2018
Venue: 60th Anniversary Hall, Kyoto Institute of Technology
Lecturer: Jonathan Sergison [Sergison Bates architects]
Seating Capacity: 100
Admission free
Organized by KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology

Summary
The lecture will consider the significant role housing has played in the work of our architectural practice. Over a period of more than 25 years we have investigated what it means to build a contemporary home and the role housing plays within a wider urban setting and in the context of the European city. This has led us to speculate on the constantly evolving needs we respond to and to reflect on the responsibility we have to create settings that support domesticity, rather than impose a particular way of living. Drawing upon numerous projects, the lecture will illustrate how we have explored these themes and issues.

Jonathan Sergison

photo: Bertie Miller

Sergison Bates architects
Professor, Academia di architettura, Università della Svizzera italiana, Mendrisio

» Sergison Bates architecture


D-lab send news summary every other Monday.


Downloads
Downloads
Related Posts
Share