参加学生らによる、既存と異なる方法の「鉛筆けずり」作品

[レポート]フランク・コークマン氏によるFixperts 2017 ワークショップ「発明家、ハッカー、職人」Project report: Fixperts 2017 Workshop “The Inventor, Hacker, Craftsman”

2017年4月28日[金]-30日[日]の3日間、Fixperts 2017 Workshop「発明家、ハッカー、職人—デザイナーの為の高速プロトタイプ制作法に基づくアプローチ」を開催しました。

課題を説明するフランク氏

Fixpertsは、「つくること」を通して問題を解決することはデザイナーが身に付けるべきスキルであるという考えのもと、キングストン大学のダニエル・チャーニー教授によって設立されたウェブベースの知識共有プラットフォームです。KYOTO Design Labは、2016年より学生の実践課題としてFixpertsに取り組んでおり、学生たちは京都の街へのリサーチを通じて、デザインパートナーを見つけ、彼らの仕事を手伝う道具や環境を改善するプロダクトのデザインを目指します。

今回のワークショップでは、ArtEZのフランク・コークマン氏をワークショップリーダーに迎え、「発明家/ハッカー/職人」を独自に解釈した3つの異なる方法論を学びながら、素早い概念化やプロトタイプ制作に3日間取り組みました。今回のワークショップでは、各日の午前中に、さまざまな端材や壊れた機械から取り外した部品を即物的に組み合わせながら、まだ見ぬ「鉛筆けずり」を異なる方法論で制作。午後からはこの経験をもとに、デザインパートナーのためのアイデアをブラッシュアップしていくことが求められました。

学生によるプレゼンテーションの様子

学生たちは、講評の時間だけでなく作業中も積極的にフランク氏に質問を繰り返していました。プロジェクトのための知見を深めながらプロトタイプ制作の概念と技術と学び、最終日には、3日間のプロトタイピングで完成した「鉛筆けずり」をそれぞれ発表。フランク氏が「次に手を加えるならば何をする?」と、学生たちから自発的な考えを引き出すように質問を投げかけていたことが印象的です。課題は提出が過ぎたら終わりなのではなく、現実世界のように繰り返し考えながら手を動かすことの意味を伝えようとしていたのかもしれません。

制作に励む学生

学生たちはワークショップを通じて、素早く考えて手を動かすこと、そして何度も失敗を経験しながらアイデアを発展させていくプロセスを学びました。デザインパートナーのための制作において、今回の経験が活かされることを期待しています。

参加学生らによる、既存と異なる方法の「鉛筆けずり」作品

また、ワークショップの後には、フランク氏の2016 Prix Ars ElectronicやBeazley Design of the Yearなどの受賞をお祝いし、ジュリア・カセム特任教授より、Fixpertsしたトロフィーが授与されました。

トロフィーを受け取り笑顔のフランク氏

フランク・コークマン

ArtEZ Instutite of Artsプロダクトデザイン学科卒業、RCAデザインインタラクション専攻修了。2015年度にKYOTO Design Labデザインアソシエイトとして滞在。制作した2つのプロジェクトでDutch Design Award、Ars Electronica prize、Beazley Design of the Year Awardなど複数のアワードを受賞。
自身を「デザインハッカー」と公言し、分析的な思考と直感的な実践を通じて、実験的な装置や批評的な試作品のデザインに取り組む。現在から未来にかけて、テクノロジーや社会に起きうる変化を思索する制作が特徴的。

The Fixperts 2017 Workshop “THE INVENTOR, THE HACKER & THE CRAFTSMAN – a methods-based approach to rapid prototyping for designers” was held from 28 April to 30April in D-Lab’s Wood Workshop at the Kyoto Institute of Technology.

Frank explaining an assignment

The Fixperts project co-founded in 2012 by Daniel Charny from Kingston University in the UK is a growing world-wide network of designers and makers which aims to provide real world design solutions to improve the daily lives of people in need of a little design help. This workshop hoped to stimulate and simplify the transition from representational model-making to one of resources-based prototyping for functionality and performance. In this workshop, Frank Kolkman from ArtEZ was workshop leader. Frank was D-Lab’s Design multiple award-winning Design Associate from 2015-16.

During the workshop the mornings were used for generic design exercises that exemplified a particular approach and emphasis under the categories of “Inventor, Hacker and Craftsman”. Students had to rapidly come up with an idea for a pencil sharpener created by hacking the components of everyday products sourced from a 100 yen store or from discarded electrical products and then gradually refining the results The afternoons were devoted to applying the methodologies learned in the morning to their current Fixperts@KIT 2017 project. KIT has participated in the project for the past three years and our projects are featured on the Fixperts website.

Student’s presentation

Students discussed their ideas intensely with Frank Kolkman during the workshop with Frank asking them often “What next?” This question helped them to learn that a project is continuous and does not end when they submit it.

Students making a prototype

Furthermore, they learned about continuous rapid ideation and how iterative prototyping helps to develop essential ideas for their own Fixperts project.

Students’ “PENCIL SHARPENERS”

After the workshop, a party was held to celebrate Frank’s recent awards – 2016 Prix Ars Electronic, his 2016 Dutch Design Award and his Beazley Design of the Year Award at the Design Museum in London. A special “FIXPERTS TROPHY” was made from the remaining hacked components of the workshop by Professor Julia Cassim and presented to Frank.

Frank smile with trophy

Frank Kolkman (MA, RCA)

Frank holds a Bachelors Degree in Product design from ArtEz, (Institute of Arts) in Arnhem (NL) and a Masters Degree in Design Interactions from the RCA. He was KYOTO Design Lab’s Design Associate from 2015-16.
The two projects he developed here have won a range of prizes from a Dutch Design Award, the Ars Electronica prize and a Beazley Design of the Year Award from the Design Museum, London in 2017.
As a self proclaimed design-hacker, Frank tries to combine a deeplyrooted sense of curiosity towards the inner workings of things with analytical thinking and intuitive making. Through the design of experimental devices and critical prototypes, he aims to challenge our thinking about current and near-future technologies and their sociopolitical implications.

Related Links
Related Links
Related Posts
Share