© Jeroen van der Wielen

[受賞]D-labデザイン・アソシエイトのフランク・コークマン氏がDutch Design Awards Young Designer部門を受賞しましたAward: D-lab Design Associate Frank Kolkman won the Dutch Design Awards Young Designer Award 2017

フランク・コークマン氏が、KYOTO Design Lab(D-lab)デザイン・アソシエイトとして本学在籍中に実施したプロジェクトを含むこれまでの活動が評価され、栄誉ある2017年度Young Designer部門でDutch Design Awards (DDA) を受賞しました。

フランク・コークマン氏は、英国王立芸術学院(RCA・デザイン・インタラクション)に学び、2015年10月よりデザイン・アソシエイトとしてD-labに在籍したオランダ人デザイナーです。D-labのジュリア・カセム特任教授の監修のもと、フランク氏と本学応用生物学部門の山口政光教授、日本シャルコー・マリー・トゥース病センター、京都府立医科大学との共同研究として開発した「Designs for Flies-家庭用疾患治療薬スクリーニング・キット」は、2016年にはDutch Design Awardsのサービス・システム部門を受賞しています。

今回は「Designs for Flies」を含め、クリティカル・デザイン、スペクラティヴ・デザインの文脈におけるこれまでのコークマン氏のプロジェクトが評価され、Young Designer部門で受賞しました。

コークマン氏は、2018年4月にD-labでプロトタイピング・ワークショップを主導する予定です。今後の情報にご期待ください。

以下、選考委員による選評の翻訳を転載します。

フランク・コークマンの批判的で挑発的な考え方は、視覚的に説得力のあるデザインを豊富に生み出すことができる複雑で大胆なプロセスを通して、科学とデザインを融合させます。彼のポートフォリオにおいて、解決を進めるような作品と問題を強調し挑むような作品が混在しているという点を審査員は評価します。そして、彼のデザインは伝染力のあるラディカルさを持ち、機知に富んだ描写をします。才能ある作品で溢れている今年のYoung Designer部門ですが、コークマンはイノベーションとリサーチにおいては他の追随を許しません。作品に熱心に取り組む非常に才能のあるデザイナーです。審査員は、コークマンは次のステップを踏み出す準備ができていると考えており、スペキュレティブで感動的な、注目に値するアイデアの具体的な成果を楽しみにしています。

» DDA Winners | DDA
» Frank Kolkman | DDA

© Jeroen van der Wielen

© Jeroen van der Wielen

© Ruud Balk

© Ruud Balk


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


Frank Kolkman, the Dutch designer from Royal College of Art [RCA] Design Interactions who was D-lab’s Design Associate in 2016 won the prestigious Dutch Design Awards in its Young Designer Award category. Two projects developed in collaboration with D-lab were the rationale for the award.

As D-lab’s Design Associate, his ‘Designs for Flies’ project was jointly developed with Professor Masamitsu Yamaguchi of KIT’s Department of Applied Biology, the Drosophila Genetic Resource Centre, Charcot Marie Tooth Japan and the Kyoto Prefectural University Hospital. It was Initiated and supervised by Professor Julia Cassim and won the Dutch Design Award in its Services and Systems category 2016.

Frank will be leading a workshop on prototyping at D-lab in April 2018.


The jury statement for selection:

Frank Kolkman’s critical, provocative way of thinking merges science and design in complex and bold processes that yield an abundance of visually convincing designs. Reviewing his portfolio, the judges appreciate the fact that in some instances, his work advances a solution, while in others, it challenges or highlights an issue. And with this, his designs are infectiously radical and wittily presented. In a category that, this year, overflows with talented submissions, when it comes to innovation and research, Kolkman is in a class of his own. A highly talented designer dedicated to his work. The jury believes that Kolkman is ready to take the next step, and looks forward to the tangible results of his noteworthy, speculative and inspiring ideas.

» DDA Winners | DDA
» Frank Kolkman | DDA

© Jeroen van der Wielen

© Jeroen van der Wielen

© Ruud Balk

© Ruud Balk


D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share