京都工芸繊維大学 オープンキャンパス 広報媒体のディレクション、デザインを行いましたKYOTO Design Lab directed poster and leaflet for open campus of Kyoto Institute of Technology

京都工芸繊維大学オープンキャンパス2017の広報媒体の一部をKYOTO Design Labがディレクションしています。
オープンキャンパスのポスターやチラシ、配布物を入れる紙袋などアメニティのデザインはデザイン科学専攻 中野研究室所属の堀井健人さんが行い、学長らの発表スライドのデザインをデザイン科学専攻 中野研究室所属の綱島卓也さんが行いました。

綱島さんは、学内外のブランディング/広報PRやファシリテーションに携わりながら、実践的なデザインや編集を学ぶD-lab xの活動として、大学広報のデザインに取り組んでいます。

D-lab xとD-lab techについて – KYOTO Design Lab



隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab directed a part of the publicity media of Kyoto Institute of Technology Open Campus 2017.
Mr. Takuya Tsunashima and Mr. Kento Horii, belonging to Nakano laboratory in the department of Design Science, designed poster, leaflet and slides.

Mr. Tsunashima designed them as a member of D-lab x, which is a student unit to support D-lab.

D-lab x and D-lab tech supports D-lab operation – KYOTO Design Lab

D-lab xとD-lab techについて



D-lab send news summary every other Monday.


Related Posts
Share