村本講師らによる「京左官がつくる土壁の繰り返し載荷実験」の報告書が発表されましたReport published : “Cyclic-loading tests of traditional mud walls constructed by plasters in Kyoto” organized by Lecturer Makoto Muramoto


2017年5月、KYOTO Design Lab 2015に記載されている村本真講師らによる「京左官がつくる土壁の繰り返し載荷実験」の報告書が京都左官協同組合より発表されました。
本研究では、京町家など伝統建築に用いられる京土壁の構造性能と京左官の技能について調査研究をしました。本書についての質問・ご意見は、京都左官協同組合までお問い合わせ下さい。

京左官がつくる土壁の実験
左官5事業所が京土壁の繰り返し載荷実験報告書

発行日:2017年5月
編 集:京都工芸繊維大学デザイン・建築学系 村本 真
協 力:京都左官協同組合・NPO法人関西木造住宅文化研究会
発行所:京都左官協同組合
印刷所:株式会社プレスハウス

隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。



Report published : “Cyclic-loading tests of traditional mud walls constructed by plasters in Kyoto” organized by Lecturer Makoto Muramoto

Date: May 2017
Editor: Makoto Mramoto, Kyoto Institute of Technology
Partners: Kyoto Plaster Cooperative, Kansai Association for the Research in Traditional Housings (KARTH
Publication: Kyoto Plaster Cooperative
Print: Press House co.,inc

D-lab send news summary every other Monday.


Related Posts
Share