ETH ZürichからD-labと共同研究をおこなった内容をまとめた冊子「Sampling Kyoto Gardens」が発行されましたETH Zürich published the pamphlet “Sampling Kyoto Gardens” that summarizes the contents of collaborative research with D-lab

スイス連邦工科大学チューリッヒ校[ETH Zürich]から、D-labと共同研究をおこなってきた日本庭園の風景と音声の3Dレコーディングとその映像化のプロジェクトについて、ETH Zürichランドスケープ研究室のクリストフ・ジロー教授が中心となってまとめた冊子「Sampling Kyoto Gardens」が発行されました。

冊子には、これまで共同制作を進めてきた日本庭園の3D点群映像の閲覧リンクのほか、D-labラボラトリー長の小野芳朗教授、プロジェクトを担当する木下昌大助教、エルウィン・ビライ客員教授らによるテキストが収録されています。


本冊子の概要の翻訳を以下に転載します。

私たちは、視覚と聴覚をサンプリングすることによって庭の感覚を呼び起こすことができるだろうか? サウンドレコーディング、ポイントクラウドモデル、およびテキストの相互作用を築くこの冊子は、ランドスケープの知覚における詩的な実験として機能し、読者を京都の現代都市環境のなかにある伝統的な日本庭園への文学的な散策へといざなう。これによって、京都の庭園のサンプリングは、さまざまなマインド、文化、アプローチの間で複数の、しかしリンクされた解釈を引き起こすに足る重要かつ無限の方法で、感覚的な経験の断片を捉え、再現するためのオーディオおよびビジュアル技術の能力向上に挑戦する。


目次

Christophe Girot(ETH Zürich 教授)
Shedding Light on Shadows

小野芳朗(京都工芸繊維大学 教授)
Waka (和歌): Scenery from Japanese Poetry

木下昌大(京都工芸繊維大学 助教)
Understanding Japanese Gardens through Point Clouds

Erwin Viray(京都工芸繊維大学 客員教授)
Shakkei (借景): Compression and Expansion

竹口健太郎、山本麻子(建築家、アルファヴィル)
Urban Silence

竹山聖(京都大学 教授)
Discontinuous Scenes

庄野泰子(音環境デザイナー)
A Device That Lets Us Listen to Ma (間)

Michael Fowler(サウンドスケープ・リサーチャー)
Teimu (The Garden of Dreams)

Ludwig Berger, Nadine Schütz, Matthias Vollmer(ETH Zürich)
Samples

掲載されている日本庭園の3D点群映像の一部は以下をご覧ください。また、下記リンク先では映像がすべて公開されていますので、合わせてご確認ください。

intersensory silence

vertical listening


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


ETH Zürich published the pamphlet “Sampling Kyoto Gardens” that summarizes the contents of collaborative research with D-lab.

This pamphlet includes the links of 3D point cloud models of Japanese gardens co-produced by ETH Zürich and D-lab, and texts written by Professor Yoshiro Ono, D-lab’s CEO, Assistant Professor Masahiro Kinoshita and Visiting Professor Erwin Viray.


Summary:

Can we evoke a sense of garden through audiovisual samples? Establishing an interplay between sound recordings, point cloud models, and writing, this issue of Pamphlet acts as a poetic experiment in landscape perception. It invites the reader on a literary stroll through traditional Japanese gardens set into the contemporary urban environment of Kyoto. In doing so, sampling Kyoto Gardens challenges the capacity of audio and visual technologies to capture and reproduce fragments of sensory experience in a way that is both significant and boundless enough to provoke multiple yet linked readings between different minds, cultures, and approaches.


Index

Professor Christophe Girot (ETH Zürich)
Shedding Light on Shadows

Professor Yoshiro Ono (KYOTO Design Lab, KIT)
Waka (和歌): Scenery from Japanese Poetry

Assistant Professor Masahiro Kinoshita (KYOTO Design Lab, KIT)
Understanding Japanese Gardens through Point Clouds

Visiting Professor Erwin Viray (KYOTO Design Lab, KIT)
Shakkei (借景): Compression and Expansion

Kentaro Takeguchi, Asako Yamamoto (Architect, ALPHAVILLE)
Urban Silence

Professor Kiyoshi Sei Takeyama (Kyoto University)
Discontinuous Scenes

Taiko Shono (Sound Designer)
A Device That Lets Us Listen to Ma (間)

Michael Fowler (Soundscape Researcher)
Teimu (The Garden of Dreams)

Ludwig Berger, Nadine Schütz, Matthias Vollmer(ETH Zürich)
Samples

3D point cloud model movies of Japanese garden are released on the following link:

intersensory silence

vertical listening


D-lab send news summary every other Monday.


Related Posts
Share