Kyoto tweet crop

[募集]ヴェネチア・ビエンナーレ出展プロジェクトへの参加学生を募集しますApply Now: ‘Measuring the Unmeasurable’ workshop with SUTD and IUAV for Venice Biennal

KYOTO Design Lab[D-lab]は、シンガポール工科デザイン大学[SUTD]、ヴェネチア建築大学[IUAV]との共同で、ヴェネチアの都市解析ワークショップを実施します。ワークショップの成果は、現在開催中のヴェネチア・ビエンナーレのシンガポール館にて展示されます。

本ワークショップは、本学の学生を対象にしています。渡航補助があります。補助には申請が必要ですので、申し込みは早急にご対応ください。

Measuring the Unmeasurable
ビッグデータ活用による都市解析
@ヴェネチア・ビエンナーレ

日程|2018年9月1日[土] – 9日[日]
会場|ヴェネチア・ビエンナーレ・シンガポール館
講師|サム・コンラッド・ジョイス 助教[SUTD]
定員|8名
応募資格|京都工芸繊維大学に在学する学生(学年・専攻は問いません)

概要
多くの人びとが日々活用しているデジタル・データを活用して、都市の中の場所性を考察します。携帯端末などのビッグデータの利用は、交通、防災を含めた都市計画など、建築関連分野での活用が期待されています。データのやり取りを可視化するメソッドは、建築・都市デザインへの応用も進められています。
第3回となる本ワークショップでは、SUTD、ヴェネチア建築大学とともに、ヴェネチアの都市解析に挑みます。成果は、現在開催中のヴェネチア・ビエンナーレにて展示されます。

講師略歴
シンガポール工科デザイン大学助教。Buro Happoldにてデザインシステム・アナリストを務め、プロジェクトのジオメトリー、構造、基本計画に携わったのち、Foster+PartnersのR&Dグループを率いた。教育者としても国際的に活動し、ロンドンAAスクールのテクニカル・スタディーズ、またスウェーデンのチャルマース工科大学などで教鞭を執る。
博士課程では、建築・エンジニアリングデザインにおけるコンピュテーションを研究。効率的なDSE(デザイン・スペース・エクスプロレーション)と意思決定のための、豊富なデータを有するシステム開発を目的とし、そのためにスケーラブルな分散コンピューティング・多目的最適化・ビッグデータ分析・AI・ウェブベースのビジュアリゼーションなどにおける新しい技術を統合して利用している。

応募締切|2018年8月10日[金]18:00まで

応募方法|下記の申し込みフォームより必要事項を記入のうえ、ご応募ください。選考のうえ、合否を連絡いたします。

ワークショップの内容については、以下のレポートをご拝読ください。
» SNSから見る歴史都市の断面──Decoding Data Landscapes


KYOTO Design Lab [D-lab] will hold the workshop with the Singapore University of Design and Technology [SUTD] and Università Iuav di Venezia [IUAV] for exhibition at Venice Biennale.

Measuring the Unmeasurable @ Venice Biennale

Schedule: Saturday 1 – Sunday 9 September, 2018
Venue: Singapore Pavilion, Venice Biennale 2018
Workshop Leader: Assistant Professor Sam Conrad Joyce [SUTD]
Maximum participants: 8
Qualification requirements: Only students of Kyoto Institute of Technology

Assistant Professor Sam Conrad Joyce [SUTD]
Sam Conrad Joyce is an Assistant Professor in Architecture and Sustainable Design at the Singapore University of Technology and Design.
Prior to this he was an Associate at Foster + Partners, in the Applied Research and Development group leading structural integration. Before this he held a role as Design Systems Analyst at Buro Happold working on geometrical, structural and master-planning projects.
He has taught internationally including Technical Studies in the Architectural Association, London, and Design Programming at Chalmers University, Gothenburg, Sweden.
His doctoral studies focus on computation for integrated architectural and engineering design, focussing on professional practice. Aiming to develop data rich systems for effective design space exploration and executive decision making. To enable this his work synthesizes and applies new techniques in distributed and scalable computing, multi-objective optimization, big data analytics, artificial intelligence and web based visualisation.

Application deadline
18:00, Friday 10 August, 2018

Application form
Please fill in the bellow form and send it.


Downloads
Downloads
Related Links
Related Links
Related Posts
Share