錦まちづくりプロジェクト(仮称)にKYOTO Design Labが参画しますKYOTO Design Lab launches a new project “Nishiki Project”

2015年よりKYOTO Design Labがバーゼル大学らと実施していた「錦市場のこれからをデザインする」 Food Shaping the Cityプロジェクトがきっかけとなり、京都錦市場商店街振興組合による「食べ歩きによるゴミ問題の対応策」をテーマとした錦まちづくりプロジェクト(仮称)にD-labが参画します。
D-lab長である小野芳朗副学長、岡田栄造教授、岩本馨准教授、三宅拓也助教の4名が指導の中心となり、参加学生ら数名と対応策を今後検討予定です。

参加学生の募集、今後の進展などについては、ウェブサイトでの報告をお待ち下さい。本プロジェクトへのお問い合わせ先は、こちらから。

関連リンク:ビデオ:都市を形づくる食―京都の食とアーバニズム – KYOTO Design Lab


錦にぎわいかわら版 第4号, 発行: 京都錦市場商店街振興組合, 編集協力: 京都錦小路まちづくり合同会社, 発行日: 2017年10月6日


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab launches a new project “Nishiki Project” co-organized by Kyoto Nishiki Market Shopping District Promotion Association. The project, which is inspired by D-lab’s previous project called “Food Shaping the City” during 2015-2016, aims to make a better tourist experience for the future of Nishiki Market through designing a clean-up campaign for tourists who enjoy food while walking around the market.

Organizing team: Prof. Yoshiro Ono (D-lab CEO), Prof. Eizo Okada (D-lab Executive Board), Lecturer Kaoru Iwamoto, and Assistant Prof. Takuya Miyake

Please stay alert for the updates on the future development and the participant application. The process will be announced on this website.

Related link: Video:Food Shaping the City – Kyoto and the Urbanism of Food – KYOTO Design Lab


D-lab send news summary every other Monday.


Related Links
Related Links
Related Posts
Share