Professor Christophe Girot, ETHZ

ビデオ:[ギャラリートーク]点群庭園展Video: [Gallery Talk] “Bits of Kyoto Gardens” exhibition

風景と音の3次元レコーディング

多様な景観のデジタルデータを採取、分析するスイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETHZ)ランドスケープ研究室との共同研究。京都には庭園のような大きなものから坪庭のような小さなものまで数多くの庭があり、建物や周辺との関係においても、その様相は多種多様である。それらの中から、山裾にひろがる詩仙堂の庭、現代建築の庭園、京町家の坪庭の大中小3つの庭において、3Dスキャンとサウンドレコーディングを実施し、映像化した。庭の構造をデジタルデータとして採取するに留まらず、庭と建物との関係、さらには都市との関係も含めてアーカイブ化しているため、今後アーカイブが積み重なっていくなかで、庭からみた京都の都市構造がみえてくるのではないかと考えている。

本展覧会は、これら3つの庭の風景と音の点群データを再編集し、庭園を映像として再現した。展覧会場の空間に浮かぶ大小3つの「笠」には、それぞれに庭の映像が流れる。今回とりあげた3つの庭は、それぞれが内側に独自の世界をもつと同時に、外側にひろがる京都という都市を構成する要素でもある。この展覧会においても、3つの笠はそれぞれの世界を内包しつつ、展覧会場を構成する要素となっている。日本庭園が「見立て」によりさまざまな世界を再現するように、この展覧会では、笠を庭園に見立てることで京都を再現した。
これは、自然を再現する庭園を、さらにその場所から離れて再現できるという新しいテクノロジーを、庭園がもつ再現手法「見立て」により展示する試みなのである。[木下昌大]

ワークショップリーダー
スイス連邦工科大学チューリッヒ校ランドスケープ研究室
クリストフ・ジロー教授
メディアラボ・チーム:ナディーン・シュッツ、マティアス・ヴォルマー、ルードヴィヒ・ベルガー

会期:2016年7月2日〜8月7日
2016年7月2日

本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

3D Recording of Sounds and Landscapes

This was a joint research project with the Institute of Landscape Architecture at ETH, Zurich, which collects and analyzes digital data from a wide array of landscapes. In Kyoto there are gardens both large and small which vary in form and in their relation to buildings and their surroundings. Three differently-sized gardens were selected – a garden at Shisen-do temple at the base of a mountain; a garden with modern architecture, and a courtyard garden in a townhouse.

The researchers carried out 3D scans and sound recordings of the locations, before creating a video from this data. Extracting the structure of the garden as digital data, the project aims to archive the relationship between gardens and architecture, and, by extension, their relationship with the city. As such, it hopes to examine the urban structure of the city that is revealed by its gardens during the process of building an archive.

For this exhibition, we re-edited point group data of the landscapes and sounds collected in these gardens for video reproduction. Each of the three bamboo hats in the site shows a video of each garden. While these gardens have their own inner world, they also represent the urban city of Kyoto extending outwards. Likewise, each of the bamboo hats includes its own world and also forms the entire exhibition site. Just as a Japanese garden represents different features using “fake” objects, this exhibition represents Kyoto using bamboo hats as “fake” gardens.
In this way, we intended to exhibit a new technology for remote reproduction of Japanese gardens in the same way that they represent nature using “fake” objects. [Masahiro Kinoshita]

Workshop Leader
ETH Zürich
Professor Christophe Girot
Nadine Schütz
Matthias Vollmer
Ludwig Berger


2 July to 7 August, 2016
[Gallery Talk] 2 July, 2016

© 2016 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Posts
Share