プロトタイプを試す太田啓子氏(CMT友の会)Prototype interaction with Keiko Ota (Charcot-Marie-Tooth Japan)

ビデオ:家庭用疾患治療薬スクリーニング・キットVideo: Designs for Flies – domestic test kit for user-participatory drug screening

スペキュラティブ・デザインであるこのプロジェクトは、2つの「デザインの問い」を示し、それに答えたものである。

1. 認知度が低い希少難病の医薬品研究において、製薬会社の興味を惹くような戦略を考え出すことは可能だろうか?

2. 疾患モデルショウジョウバエを薬剤化合物のテストに用いることで、患者自身が自宅で治療薬候補物質を見つけ出し、検証に参加することができるだろうか?

末梢神経が障害される疾患である「シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)」の治療薬を見つけるために開発したCMTモデルショウジョウバエを利用して、患者自身が治療薬を見つける活動に参加するための、家庭用疾患治療薬スクリーニング・キットを開発した。本プロジェクトは、イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)より招聘したフランク・コークマン氏と、本学応用生物学系および昆虫先端研究推進センターの山口政光教授による共同研究プロジェクトである。

新薬発見には莫大な時間や費用がかかり、産業界・学界・投資家・司法・マーケティングが相互に絡み合う非効率的なプロセスでもある。希少疾病であったり、困難を極める疾患を治療する場合にそれほど大きな商業利益がないとき、現状を打破することは難しい。しかし、患者たち自身が、自分たちの治療薬を見つける研究に簡単に参加できるとしたらどうだろうか。

家庭用スクリーニング・キット「Designs for Flies」では、特定の疾患に罹患させたキイロショウジョウバエ(ミバエ)に化学化合物を含んだエサを与える。そして、エサを食べたハエの動きを映像で収録・観察し、治療効果を識別してデータを視覚化させ、試験結果が容易に判別できるようにするのである。

写真 Juuke Schoorl

This speculative design project a shown addressed two questions.

“Can we design alternative strategies to generate interest from pharmaceutical companies for obscure, complicated or ‘unmarketable’ diseases in drug research?”

“Could we use transgenetic drosophila for the wildcard testing of drug compounds directly by patients at home and thereby find a possible cure?”

It was a collaboration between Frank Kolkman from the Royal College of Art, Professor Masamitsu Yamaguchi of the Department of Applied Biology at KIT, the Centre for Advanced Insect Research (CAIR) and Charcot Marie Tooth (CMT) Japan. Their joint research centres on building a genetic map for CMT, an obscure uncurable, neurodegenerative disorder using drosophila as a research methodology.

Drug discovery is a lengthy, expensive process involving complex interplays between industry, academia, investors, jurisdiction and marketing. Where no significant commercial benefits can be expected, patients with rare or complex conditions can feel powerless to change the status quo. But what if they could participate in their own pharmacological research at home and find potential cures?

Design for Flies proposes a personalized drug-screening system for CMT patients. After feeding personalized, transgenetic Drosophila melanogaster (fruit flies) with random chemical compounds, the domestic device screens their behaviour to discern any therapeutic effects with the results captured via webcam and the data shared with the research community on a dedicated cloud server.

Photo by Juuke Schoorl

Downloads
Downloads
Related Links
Related Links
Related Posts
Share