photo: John McNair

ビデオ:インテリジェント・テキスタイル
——医療のための繊維の可能性
Video: Intelligent Textiles for Healthcare Scenarios

インテリジェント・テキスタイル——医療のための繊維の可能性

KYOTO Design Lab × 英国王立芸術学院[RCA] の共同ワークショップと、その参加者だったジョン・マクネア氏[RCA]によるデザイン・アソシエイト・プログラムの成果をまとめたビデオです。

ヘルスケアのためのハイブリッド絹織物
伝統的で「インテリジェント」な絹織物を、医療市場の機能面の需要に合わせて改良することは可能だろうか。
このプロジェクトの焦点は、伝統的で「インテリジェント」な絹布であり主に着物をつくるために織られている縮緬を改良することは可能かどうかを調査する点にあった。この極めて洗練された織物業界の衰退という背景に対して、急成長を続ける医療市場で新たな用途と新製品への応用をめぐる将来への展開を見出すことができるかもしれないという期待があった。
介護や臨床の現場で使用される医療用繊維には、高い機能性が必要である。従って、それらには独自のデザイン要件がある。新しい素材の物理的特性には、吸収性、引っ張り強さ、しなやかさ、柔らかさ、水分調整、通気性に関する配慮が求められた。寝たきりや失禁、あるいは固定された体勢で長期間を過ごすために床ずれができるおそれのある患者にとっては、特に最後に挙げた2つの特性は非常に重要である。そこで、通気性および透湿性を最大限確保できるように、織り構造を設計した。また、我々は糸の撚りと絹の縮む性質を活用した。つまり織り構造を多様化し、熱可塑性樹脂であるPTT[ポリトリメチレンテレフタレート]を導入することにより、親水性の高い絹と疎水性の高いPTTのハイブリッド繊維をつくりだすことができた。その結果、固く撚られた絹糸が加工過程の途中でほぐされ、柔らかい構造の繊維が形成され、PTTを皮膚の表面に向かって押し出すことで、最大限の快適性と皮膚から水分を逃がす機能を確保している。 [ジュリア・カセム]

英国王立芸術学院
アン・トゥーミー
ジョン・マクネア

京都工芸繊維大学
ジュリア・カセム 特任教授
鋤柄佐知子 教授
桑原教彰 教授

協力
バイオベースマテリアル学専攻 増谷一成 博士
京都府織物・機械金属振興センター 井澤一郎
デュポン・スペシャリティ・プロダクツ株式会社 白井麻友美


本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Intelligent Textiles for Healthcare Scenarios

KYOTO Design Lab Workshop with the Royal College of Art + Design Associate Program with John McNair

S++: a hybrid silk textile for healthcare scenarios
Can a traditional ‘intelligent’ silk fabric be re-engineered to allow it to meet the functional requirements of the healthcare market?
The focus of the project was to investigate whether it was possible to re-engineer chirimen, a traditional ‘intelligent’ silk fabric being woven primarily for use as kimono. Against a background of industry decline for this highly sophisticated textile, it was hoped that future scenarios of use and new product applications could be found for it in the burgeoning healthcare market.
High functional demands are made of healthcare textiles used in care or clinical environments. Thus, they have specific design requirements. The new materials’ physical properties required considerations regarding absorbency, tenacity, flexibility, softness, moisture management and air-permeability. The latter two, in particular, are crucial where patients may be bed-bound, incontinent or spend long periods in fixed positions and thus vulnerable to the risk of pressure sores. The weave structure was designed so as to maximise air and moisture permeability. We took advantage of the yarn twist and the fact that silk shrinks. Varying the weave structure and introducing Polytrimethylene terephthalate (PTT), a thermoplastic polymer, enabled the creation of a hybrid textile of silk, which is hydrophilic and PTT which is hydrophobic. The result is a soft structured fabric in which the tightly twisted silk yarn untwists during the processing stage, pushing the PTT toward the skin surface thus ensuring maximum comfort and the ability to wick moisture away from the skin. [Julia Cassim]

Royal College of Art
Anne Toomey
John McNair

Kyoto Institute of Technology
Professor Julia Cassim
Professor Sachiko Sukigara
Professor Noriaki Kuwahara

Acknowledgments
Dr. Kazunari Masutani, Department of Bio-Based Materials Science, Kyoto Institute of Technology
Ichiro Izawa, Kyoto Prefectural Institute for Northern Industry
Mayumi Shirai, Dupont Industrial BioScience


The copyright of this contents related intellectual property rights belong to the Kyoto Institute of Technology.
Please e-mail info@d-lab.kit.ac.jp if you wish to use any of this movie.
© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Links
Related Links
Related Posts
Share