photo: Tomomi Takano

批判力のあるキュレーション × 解釈行為としての創造The Artist as Critical Curator × The Artist as Creative Interpreter

世界的に活躍するアーティストと哲学者による国際ラウンド・テーブルと、京都工芸繊維大学3号館を活用した映像インスタレーションを行うナイト・セッションを、以下の日程で同時開催いたします。

国際ラウンド・テーブル
批判力のあるキュレーション—アーティストによるその実践

日時|2017年7月15日(土) 13:30-17:30
場所|京都工芸繊維大学センターホール
定員|500名(入場無料、当日先着順)

スピーカー
川俣正(美術家、エコール・デ・ボザール教授)
椿昇(美術家、京都造形芸術大学教授)
日比野克彦(美術家、東京藝術大学教授)
藤浩志(美術家、秋田公立美術大学教授)
小林康夫(哲学者、青山学院大学特任教授)

モデレーター|三木順子(京都工芸繊維大学准教授)

ナイト・セッション[映像×建築]
解釈行為としての創造—アーティストによるその実践

日時|2017年7月15日(土) 18:20-20:30
場所|[映像インスタレーション]京都工芸繊維大学3号館エントランス
   [トーク・セッション]京都工芸繊維大学3号館2階0321教室
定員|100名(入場無料、当日先着順)

アーティスト
ニカ・ラディッチ(ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川招聘アーティスト)

モデレーター[トーク・セッション]|池側隆之(京都工芸繊維大学准教授)
コラボレーター[インスタレーション]|市川靖史(京都工芸繊維大学助教)

ナイト・セッション協力|ゲーテ・インスティトゥート

/////////////////////

国際ラウンド・テーブル
批判力のあるキュレーション—アーティストによるその実践

アーティストがキュレーションをてがけるアート・プロジェクトは、近年、ますますその数を増やしている。アーティストが美術館の館長に就任することも、けっしてめずらしいことではなくなった。今、キュレーターとしてのアーティストにいったいなにが求められているのだろうか。キュレーターとしてのアーティストは、美術館やアート・フェスティヴァルになにを求めているのだろうか―。制作と並行してユニークなキュレーションを展開する4名のアーティストが、哲学者を交え、自らの実践に即した言葉で、キュレーターとしてのアーティストの今日的な力を語り合う。

ナイト・セッション[映像×建築]
解釈行為としての創造—アーティストによるその実践

京都工芸繊維大学3号館は、1930年に竣工した歴史的な建造物である。その建設プロセスや当時の学生生活を収めた16mmフィルムが、美術工芸資料館に所蔵されている。このフィルムをイメージ・ソースとして、ベルリン在住のアーティストが新たに映像作品を制作し、同館エントランスにおいて一晩限りのサイト・スペシフィックなインスタレーションを展開する。インスタレーションと並行して開催するトーク・セッションでは、建築・場所・歴史を映像メディアをとおして創造的に解釈するこのプロジェクトの意義について、アーティスト自身と語り合う。

International Round Table:
The Artist as Critical Curator

Date: 13:30-17:30, Saturday 15 July, 2017
Venue: Center Hall, Kyoto Institute of Technology
Seating Capacity: 500
Admission free

Speakers:
Tadashi Kawamata [artist, École des Beaux-Arts]
Noboru Tsubaki [artist, Kyoto University of Art & Design]
Katsuhiko Hibino [artist, Tokyo University of the Arts]
Hiroshi Fuji [artist, Akita University of Art]
Yasuo Kobayashi [philosopher, Aoyama Gakuin University]

Moderator: Junko Miki [Kyoto Institute of Technology]

Night Session: Image × Architecture:
The Artist as Creative Interpreter

Date: 18:20-20:30, Saturday 15 July, 2017
Venue: Building No.3, Kyoto Institute of Technology
[Installation] Entrance Hall
[Talk Session] Lecture Room 0321
Seating Capacity: 100
Admission free

Artist
Nika Radić [Resident Artist at Goethe-Institut Villa Kamogawa]

Moderator [Talk session]: Takayuki Ikegawa [Kyoto Institute of Technology]
Collaborator [Installation]: Yasushi Ichikawa [Kyoto Institute of Technology]

Night Session Acknowledgments: Goethe-Institut

/////////////////////

International Round Table:
The Artist as Critical Curator

Recently, the number of art projects curated by artists has been increasing. Besides, it is no longer uncommon for artist to become museum directors. What is then required of the artist as a curator? What does the artist as a curator expect of museums or art festivals? Four artists, who have each developed unique curatorial activities, will discuss together with a philosopher about the potential as well as actual “power” of artists as critical curators, based on their practical experience and methodologies.

Night Session: Image × Architecture:
The Artist as Creative Interpreter

Building No.3 at Kyoto Institute of Technology is a historic building completed in 1930 . A few reel units of old 16mm film, which filmed the construction site of this building, remain in the archive of KIT. Referring to the imagery in these films as “image source”, an artist from Berlin has newly produced a series of video works and projects on the interior as well as exterior wall surface at the entrance hall of Building No. 3. This one night only site-specific installation project intends to present a new method of interpreting architecture, site and history in a creative way, using visual imagery. In parallel with the installation, a talk session, in which the artist discusses the meaning of this project with the audience will be held.

Downloads
Downloads
Related Posts
Share