パブリックレクチャー「朝鮮時代の建築の建築の構造と特徴」を開催しますCharacteristics of Korean Architecture in Chosun Dynasty from Structural View

KYOTO Design Labは、下記の日程でパブリックレクチャー「朝鮮時代の建築の構造と特徴」を開催いたします。ぜひご参加ください。

朝鮮時代の建築の構造と特徴

日時|2017年12月11日[月] 16:00-17:30
場所|京都工芸繊維大学 東1号館5階501大学院演習室
講師|韓東洙[漢陽大学校 教授、本学国際訪問研究員]
通訳|徐東千[漢陽大学校]

概要
韓東洙教授は韓国建築史研究の第一人者で、現在本学に国際訪問研究員として滞在されています。中国、台湾での留学経験を基に東アジアを広くとらえた視点で韓国建築史を深く研究されています。本特別講義では朝鮮時代の建築につき、構造的視点でその特質を論じて頂きます。東アジアという領域における日本の位置づけを考える上でも重要な視点を提出して頂けることでしょう。また、韓国の研究者の目から見た京都についてもお話し頂きます。

KYOTO Design Lab will hold the public lecture “Characteristics of Korean Architecture in Chosun Dynasty from Structural View” on the following schedule.

Date: 16:00-17:30, Monday 11 December, 2017
Venue: East Building No.1, 5F E1-501, Kyoto Institute of Technology
Lecturer: Han, Dongsoo [Professor of Hanyang University, South Korea, International Visiting Fellow of KIT]
Translator: Seo, Dongchun [Hanyang University, South Korea]

Related Posts
Share