Telecom Center Building
photo: Tomomi Takano

11月24日-26日に開催されるサイエンスアゴラ2017のD-labによるリ・ブランディングが進行中ですRe-branding by D-lab of Science Agora 2017 is ongoing

KYOTO Design Labは、11月24日[金]〜26日[日]に開催される、国立研究開発法人科学技術振興機構JSTが主催するサイエンスコミュニケーションイベント「サイエンスアゴラ2017」のリ・ブランディングを担当しています。担当しているデザインのうち、メインビジュアルとポスター、チラシのデザインが公開されました。
また、イベント当日のブース出展も決定しました。

Science Agora 2017 – poster

サイエンスアゴラとは、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場の総称です。サイエンスアゴラは、異なる分野・セクター・年代・国籍を超えた関係者をつなぎ、さまざまな人たちが各地で主体的に推進する活動の広場です。この広場に集まる人たちが多様な価値観を認め合いながら、対話・協働を通じて、これからの「社会とともにある科学」と「科学とともにある社会」の実現を目指します。
サイエンスアゴラ公式HPより)

D-labは、昨年度からブース出展で参加していますが、本年度はサイエンスアゴラ2017のリ・ブランディングを担当しています。

プロジェクトの実施にあたり、D-labの宮田識所長(DRAFT代表)の指導のもと、公募によって集まった有志の学生たちが、サイエンスアゴラ2017のテーマ「越境する」を表現するためのメインビジュアルやポスター、チラシをデザインしました。現在はパンフレット、空間デザインを含む会場設計、会場サイン、会場インスタレーションなどのデザインが進行中です。

また、日本最大級のサイエンスコミュニケーションイベントであるサイエンスアゴラのイベントコンセプトを主催者JSTとともに深掘りし、ブランディングするためのあたらしいロゴのデザインも担当しています。その候補はサイエンスアゴラ2017当日にプレゼンテーションされます。

ブース出展では、D-labがこれまでの蓄積を活かして取り組んだサイエンスアゴラ2017のブランディングと会場設計に関して、そのプロセスを映像等でわかりやすく伝えることで、科学コミュニケーションの方法を共有し、新たな課題の発掘、解決、社会実装につながるネットワークの構築を図ります。また、D-labで実際に手がけた科学コミュニケーションデザインの具体的な事例として、2017年度デザイナー・イン・レジデンスのアサ・アシュア氏が制作した「STEMチェア」も合わせて展示します。

ぜひご来場ください。

サイエンスアゴラ2017「越境する」

日程|2017年11月24日[金]-26日[日]
時間|10:00-16:00(初日は12:45-18:00)
会場|東京・お台場 テレコムセンタービル(東京都江東区青海二丁目5番10号)[Access]

主催|国立研究開発法人科学技術振興機構

ブース出展
科学をブランディングする — サイエンスアゴラのつくり方

企画|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab
開催|2017年11月24日[金]-26日[日] 終日
会場|テレコムセンタービル1階 アトリウムエリア


制作の様子Team discussion

STEM chair, designed by Assa Ashuach, D-lab Design Associate


隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab was tasked with the re-branding of “Science Agora 2017.” Organized by the Japan Science and Technology Agency [JST] this is the largest science communication event in Japan. D-lab has designed the main visual, poster and flyer designs and will be exhibiting the project process and other projects at the D-lab booth.

Science Agora 2017 – poster

In implementing the project, the students were instructed by Satoru Miyata of DRAFT, who is a D-lab Director. The overall identity expressed “Beyond the Boundaries,” the Science Agora 2017 theme. The team are currently designing pamphlets, signs, installations as well as design of the space.

In addition, we are also responsible for designing a new logo for Science Agora, which will be presented at Science Agora 2017.

In the booth exhibition, we will exhibit movies and other materials relating to the branding process and spatial design of Science Agora 2017. Sharing science communication methods, we wish to build a network that leads to the discovery and implementation of new solutions for society. As a concrete example of interdisciplinary design based on science at D-lab, the 3D printed “STEM chair” designed by Assa Ashuach, D-lab’s 2017 Designer-in-Residence will be exhibited.

We hope to see you there!

Science Agora 2017 “Beyond the Boundaries”

Date: Friday 24 – Sunday 26 November, 2017
Time: 10:00-16:00 [the first day 12:45-18:00]
Venue: Telecom Center Building [Access]
Organized by Japan Science and Technology Agency [JST]

Booth exhibition
“Branding Science – creating the Science Agora identity”

Planning: KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology
Open: Friday 24 – Sunday 26 November, 2017
Venue: Atrium Area, Telecom Center Building 1F


制作の様子Team discussion

STEM chair, designed by Assa Ashuach, D-lab Design Associate


D-lab send news summary every other Monday.


Related Posts
Share