「アニメーションでナラティブをつくる – マジックズーム・ワークショップ」を開催しますApplication: Creating Narratives with Animation – the Magic Zoom Workshop

KYOTO Design Lab[D-lab]は、スペキュラティヴ・デザイナー、マルチメディア・アーティストで2018年度デザイン・アソシエイトのネスター・ペスタナによる「アニメーションでナラティブをつくる – マジックズーム・ワークショップ」を開催いたします。

一般からの参加も可能な公開ワークショップです。ぜひご参加ください。

日程|2018年12月7日[金]-9日[日] 9:00-17:00
会場|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab デジタルファクトリー
定員|20名
参加条件|ワークショップのすべての日程に参加できること、全学年・全専攻・一般からの参加を歓迎します
講師|ネスタ・ペスタナ、ジュリア・カセム特任教授、池側隆之教授

概要
本ワークショップでは、魔鏡に関するさまざまなナラティブ(物語)を模索します。秘伝の技術にまつわるナラティブから魔鏡の鏡面の微細な構造、科学的な原理、抽象的な目的に関するものまでを対象に考えていきます。
フェナキストスコープの制作を通して、ストップモーション技術とエレクトロニクスを模索する想像の旅に出ましょう。成果物はすべて、インスタレーションとしてKYOTO Design Lab2階エントランスギャラリーにて展示されます。

講師
Nestor Pestana [Royal College of Art]
ネスター・ペスタナ

ポルトガル出身。英国王立芸術学院のデザイン・インタラクションにて修士号を取得。スペキュラティヴ・デザイナー、マルチメディア・アーティストとして現在ロンドンを拠点に活動している。科学とデザインとテクノロジーの繋がりを模索しながら、領域横断的でコラボレイティブな作品を制作し、イギリスやその他諸外国にてセミナー、ワークショップ、講演などの活動も行なっている。彼のプロジェクトは、映像、イラストレーション、インスタレーションなど様々なメディアによって表現される。最近の展示ではロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにおけるPlumial Space、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展におけるSchool of Tomorrowなどがある。

プログラム

12月7日[金] 9:00-17:00
ブリーフィング、デモンストレーション
D-lab デジタルファクトリー


ワークショップ概要説明 (ジュリア・カセム特任教授)
ブリーフィングレクチャー(ネスター・ペスタナ)
魔鏡職人の山本晃久氏によるデモンストレーション
プレゼンテーション+講評



12月8日[土] 9:30-17:00
D-lab デジタルファクトリー


制作作業
中間プレゼンテーション+講評
ほか



12月9日[日] 9:00-17:00
D-lab デジタルファクトリー


制作作業
最終プレゼンテーション+講評
ラップパーティ



応募締切|2018年11月30日[金]18:00まで
応募方法|下記の応募フォームより必要事項を記入のうえ、ご応募ください。



隔週月曜日発行のメールマガジン、D-labの活動をまとめてお届けします。


KYOTO Design Lab [D-lab] will hold the workshop “Creating Narratives with Animation – the Magic Zoom Workshop” by Nestor Pestana, KYOTO Design Lab 2018 Design Associate.

Schedule: 9:00-17:00, Friday 7 – Sunday 9 December, 2018
Venue: Digital Factory, KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology
Maximum participants: 20
Qualification requirements: Attendance is compulsory for the full workshop.
Leader(s): Nestor Pestana, Professor Julia Cassim, Professor Takayuki Ikegawa

Summary:
This workshop invites participants to explore a range of narratives around the Makkyo (Magic) Mirror – from its microstructural qualities to the narratives that underpin its technical secrets, scientific principles and metaphysical purposes.
Through the construction of phenakistoscopes, we will take imaginative journeys exploring stop motion techniques and electronics. All works will form part of an immersive installation that will be on display in the entrance gallery of D-lab.

Lecturer:
Nestor Pestana [Royal College of Art]

Nestor Pestana is a Portuguese speculative designer and multimedia artist based in London. His work is collaborative and multidisciplinary, exploring the links between science, design and technology. Nestor has organised and presented seminars, workshops, and talks in the U.K. and overseas.
Projects are expressed through a variety of media – moving image, illustration and immersive installations. He has an MA in Design Interactions from the RCA. His most recent exhibits include: London College of Fashion: Plumial Space, Bio-art Seoul: Abundance of Life and Venice Architecture Biennale: School of Tomorrow.

Programme

Friday 7 December | 9:00-17:00
Briefing, Demonstration
D-lab Digital Factory


Welcome & workshop Logistics – Julia Cassim
Briefing Lecture – Nestor Pestana
Demonstration by Makkyo Mirror craftman Akihisa Yamamoto
Presentations + critique



Saturday 8 December | 9:30-17:00
D-lab Digital Factory


Developing work
Interim presentations + critiqpue



Sunday 9 December | 9:00-17:00
D-lab Digital Factory


Developing work
Presentation and final discussion
Wrap party



Application deadline: 18:00 Monday 26 November, 2018
Application form: Please fill in the bellow form and send it.



D-lab send news summary every other Monday.


Related Posts
Share