photo: Gabriel Vergalla

ビデオ:谷川俊太郎のラジオ—音と映像のコミュニケーションデザインVideo: Shuntaro Tanikawa’s Radio Waves – Sound and Visual Communication Design

谷川俊太郎のラジオ—音と映像のコミュニケーションデザイン
英国王立芸術学院(RCA)+スズキユウリ 共同ワークショップ

谷川俊太郎[1931-]は、現在も活躍する日本の詩人であり、国内外で広く読まれ、高く評価されています。詩人の知られていない一面として、ラジオ・無線工学への情熱があります。。2010年、彼は自身が所有する、主にアメリカ製のヴィンテージラジオの幅広いコレクションを、関連するポスターや出版物とともに京都工芸繊維大学に寄贈しました。2011年に一度展示されて以来、これらは本学図書館や美術工芸資料館に保存されたままで、一度もこれらに関する解釈的作品がつくられたことはありませんでした。
このデザイン・ワークショップでは、日本と英国王立芸術学院[RCA]のデザイン学部の学生が、メディア領域における単独のコミュニケーション作品シリーズとして、このコレクションを用います。このコレクションに命を吹き込み、異なる文化の視点を有すデザイナーたちの視座から類まれなこの詩人の仕事を浮き彫りにすることが目的です。
また、スズキユウリはワークショップ後もKYOTO Design Labに滞在し、谷川へのインタビューに基づく、独自の作品を制作しています。その成果は2017年4月から5月にかけてKYOTO Design Lab東京ギャラリーで展示されました。

英国王立芸術学院
スズキユウリ
デビー・クック
ケビン・ウォーカー

京都工芸繊維大学
ジュリア・カセム 特任教授
並木誠士 教授
池側隆之 准教授

ワークショップ期間:
2017年11月11日-15日

KYOTO Design Lab 東京ギャラリー
デザイン・インタープリテーションズ|谷川俊太郎のラジオ

会期|2017年4月22日(土)〜5月28日(日)
会場|京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab東京ギャラリー|東京都千代田区外神田6丁目11-14アーツ千代田3331 203号室
主催|京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab


本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Shuntaro Tanikawa’s Radio Waves: Sound and Visual Communication Design
Workshop with the Royal College of Art (RCA) + Yuri Suzuki

Shuntaro Tanikawa (b. 1931) is one of the most widelyread and highly regarded of living Japanese poets in Japan and overseas. What is less known about him is his passion for radios and radio engineering. In 2010, he donated his extensive vintage collection of radios to the KIT along with associated posters and publications. Apart from an exhibition in 2011, these remain in the library and archive of KIT. They have never had an interpretative workbased on them individually or as a collection.
This sound and visual design workshop used the collection as the springboard for a series of stand-alone interpretative works – ones that combined sound and visual communication design. The workshop participants consisted of five RCA design students and KIT’s Japanese and international design students. The aim was to bring the collection to life and underscore its significance to Tanikawa’s work and life through the eyes of designers from different cultures and perspectives.
Yuri Suzuki also created an interpretative work based on his conversation with Shuntaro Tanikawa. The resulting works were exhibited at Kyoto Design Lab Tokyo Gallery in April – May 2017.

Royal College of Art
Yuri Suzuki
Debbie Cook
Kevin Walker

Kyoto Institute of Technology
Professor Julia Cassim
Professor Seishi Namiki
Associate Professor Takayuki Ikegawa

Workshop
11-15 November, 2016

KYOTO Design Lab Tokyo Gallery
Design Interpretations | Tanikawa Shuntaro’s Radio Waves

Date: 22 April (Sat) – 28 May (Sun), 2017
Venue: KYOTO Design Lab Tokyo Gallery [3331 Arts Chiyoda, Room203, 6-11-14 Sotokanda Chiyoda-Ku Tokyo, 101-0021]
Organized by KYOTO Design Lab, Kyoto Institute of Technology


© 2017 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Links
Related Links
Related Posts
Share