ビデオ:災害時における京都の建築と水──外国人観光客の大震災時シナリオライティングVideo: Architecture and Water of Kyoto in Disaster

戦災地での居住支援を主な専門とするサミュエル・ボネ氏(国際赤十字委員会)をリーダーにお招きし、大災害時対応をテーマとした国際ワークショップをおこなった。大震災時における京都市内をフィールドに想定し、そこでの悲観的なシナリオにおける被害状況をイメージするとともに、その状況下において、言語が通じず災害弱者の典型となり得る外国人(観光客等)を主人公とした、シナリオ・ライティング形式のワークショップをおこなった。京都市中心部の市街地(北・上京・中京・下京区)を対象エリアに想定し、水・衛生・居住・医療に関する課題に焦点をあてた。

災害時における京都の建築と水
─外国人観光客の大震災時シナリオライティング

日程|2017年7月5日[水]-7日[金]

ワークショップリーダー|
サミュエル・ボネ [国際赤十字委員会]

コラボレーター|
小川里美 [日本赤十字九州国際看護大学]
西村文武 [京都大学大学院工学研究科水環境工学分野]
藤原 拓 [高知大学教育研究部自然科学系農学部門]

コーディネーター|阪田弘一 [京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab]

プロジェクトブック

災害時における京都の建築と水Architecture and Water of Kyoto in Disaster [PDF, 29MB]


本コンテンツの権利は作者本人及び京都工芸繊維大学に帰属しています。
ご利用にあたっては info@d-lab.kit.ac.jpまでご一報ください。
© 2018 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Architecture and Water of Kyoto in Disaster:
scenario writing in great earthquake

Date: Wednesday 5 – Friday 7 July, 2017
Venue: Building No.15, 3f N304, Kyoto Institute of Technology

Workshop leader:
Samuel Bonnet [International Committee of the RED CROSS]

Guest:
Satomi Ogawa [Japanese Red Cross Kyushu International College of Nursing]
Fumitake Nishimura [Water QualityEngineering, Department of Environmental Engineering, Kyoto University]
Taku Fujiwara [Agriculture Unit, Natural Sciences Cluster, Research and Education Faculty, Kochi University]

Coordinator: Koichi Sakata [Kyoto Design Lab, Kyoto Institute of Technology]

KYOTO Design Lab Project Book 4
災害時における京都の建築と水Architecture and Water of Kyoto in Disaster

[PDF, 29MB]


The copyright of this contents related intellectual property rights belong to the Kyoto Institute of Technology.
Please e-mail info@d-lab.kit.ac.jp if you wish to use any of this movie.
© 2018 Kyoto Institute of Technology All Rights Reserved.

Related Links
Related Links
Related Posts
Share