英国王立芸術学院 スズキユウリ氏との共同ワークショップ「京都の見える構造、見えない構造」2015年5月27-31日Sound Design Workshop”Kyoto’s Visible and Invisible Structures” with Yuri Suzuki, Royal College of Art, 27-31 May 2015

ビジョン:革新のためのインキュベーターVision: INNOVATION BY DESIGN

国立大学法人 京都工芸繊維大学は1899年以来、日本を代表する、デザインとエンジニアリングの実践的教育の場であり続けてきました。

KYOTO Design Lab[D-lab]は、京都工芸繊維大学が文部科学省の大学機能強化事業のもとで社会的課題の発見と解決に取り組む、建築学とデザイン学を中心とした中核組織です。

D-labが位置する京都は、古くから伝わる知恵と技術に根ざした職人たちのネットワークと、新しい技術に基づいた産業が並び立つ都市です。D-labは、都市・京都が持つ構造のとおり、さまざまな専門性が交差する革新のためのインキュベーターなのです。

京都工芸繊維大学の卓越した研究環境を背景に、D-labは、建築とデザインによる世界の革新を実現するために、領域を越えた出会いをさらに加速してまいります。

Woven Light, Photo by Juuke Schoorl

Woven Light, Photo by Juuke Schoorl


ジャック・ヘルツォークとの対話(2015年3月23日)

「ジャック・ヘルツォークとの対話」2015年3月23日

Since 1899, the Kyoto Institute of Technology (KIT) has pioneered practical education in design and engineering in Japan. As a result, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT), has chosen KYOTO Design Lab (D-lab) to deliver its strategic vision for innovation and excellence in higher education in architecture and design.

D-lab’s location makes it the natural incubator for innovation across disciplines. The ancient capital’s deeply rooted networks of traditional makers with their centuries-old knowledge and skills base sit alongside those focussed on Kyoto’s more contemporary aspect as the home to new technology-based industries and start-ups.

Backed by the research excellence of the Kyoto Institute of Technology,

D-lab facilitates this crucial meeting of both worlds to ensure that hands-on design and architectural innovation can take place.

Woven Light, Photo by Juuke Schoorl

Woven Light, Photo by Juuke Schoorl


Conversation with Jacques Herzog, 23 March 2015

Conversation with Jacques Herzog, 23 March 2015

Downloads
Downloads
Share